丘なのかい?山なのかい?
先週末、乗馬しに行った所は本当に田舎で周りは丘と川だけといったのんびりしたところ。こちらでは皆「Sierras」(丘)と呼ぶのですが、ここコルドバ郊外にある丘は標高2000mを越えるものばかり。で疑問に思ったのでが、どうして山と呼ばずに丘と呼ぶ?ということ。どうやら、何メートルまでが丘で何メートルからが山という定義なないそうで、景観と合わせて突出して(定義的には200メートル以上)高かったら、山だそう。コルドバは2000メートルを越えているものがあっても他にも同じように高いものがたくさんあるので、丘だそう。だから世の中には山より高い丘があるってことですな!ちなみにデンマークの最高地点は170メートル強で、これはこれで200メートルを越えていないから、山にならないんだって。

そんな山のような丘のような所で過ごした週末で何よりも楽しみだったのは、湧き水に近い水が飲めた事。水道の蛇口をひねると冷たくて、ピュアな味のする水が飲めて、美味しかった~!
で、エドやエドの友達とで川辺に休んでいると、「あ~喉が渇いた~。私、お水とってくるね!」と一人のアルゼンチン娘が立ち上がった。美味しいお水を大きな水筒に入れてくれてみんなでゴクゴク。あっという間に飲み干す。と思ったら、そのアルゼンチン娘、コップを持って、川へ。その川、犬が泳いだり、馬が渡ったり、男性陣が用足しもしちゃってるんですけどね…。川の水をコップに入れて、コップをちょっとかざして水質をチェックして(ていうか、できてない)、ゴクゴクッ!「どう?美味しい?」との皆からの問いに、「あ、ちょっと砂の味がするわ~」と笑顔な彼女。他のアルヘンティ~ノも試しにゴクゴク。「あ、大丈夫じゃん!」(根拠なし)「Akikoもいる?」、「ううん、いらない。さっき飲んだから」とブンブンかぶりを振る私。いくら下が見える位透き通っていても、川は流れていて上からどんどん水がくるとわかっていても、まだできません、私には、そんな技…。わたし、日本人ですから…。いつかできるようになるのでしょうか。

で、その川の近くに生い茂っていたのが、この木苺。スペイン語ではSalsamoraっていうらしいんだけど、辞書にはありませんでした。Moraというのはあって、「クワの実、キイチゴの実」と書いてあるので、キイチゴの一種だと思います。

f0009717_21463882.jpg
         ≪熟したのもはもっと赤黒くなり、その実はとても甘い≫

まだ時期になり始めで熟していないものもあって、かなり酸っぱかったので、摘んでから数日放置。で、まずはジャム作り。パンをジャムにつけて食べたりあまりしないので、このジャムを混ぜ込んでマフィンに。酸味が強いので、チョコチップも入れてみた。

f0009717_21505048.jpg
     ≪マフィン フランボワ~ズ アベク ショコラ~♪←でたらめフランス語≫

酸っぱさとチョコの甘さでなかなかいけた一品でした。もっと採ってくればよかった…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-03-18 09:20 |


<< アルゼンチンのテレビ事情 -3- 女版ケン・ワタナベを目指すつも... >>