アニバーサリー
リコンファームをしようとVARIG BRASILに電話しました。

「えー、リコンファームしたいのですが」

「お名前は?日にちは?どこ行きですか?」

なとどよくある質問をされ、待つこと少々。

「えー、セニョーラ、パリ経由だったのですが、ロンドン経由になりました」

「え?ロンドン経由?どうしてですか?」

「飛行機のスケジュールが変わって、セニョーラの乗る飛行機がサンパウロに着く前にパリ行きの便が出発してしまうので、ロンドン行きになりました」

『お~シャンゼリゼ~♪』から『ロンドン橋渡ろ、渡ろ♪』に変更ですよ。

いいんです、時刻表が変わる事もあるでしょうし、経由がそれに伴って変わることもあるでしょう。でも、一日前のリコンファームで、しかもこちらから掛けた電話でついでみたいな用件で知らせてくるのでしょう…。もしリコンファームしなかったら、アタシャ、サンパウロで乗る便もなくて、右往左往していたのかい?なんて…。怖っ!

せっかく、パリの空港でクロワッサ~ンとカフェなんて気分満々だったのに、今からスコーンとティー気分に変更せねば。(食べ物のことしか考えてない。)

そうそう、今月末には結婚二周年を迎える私達。記念日は私は日本、エドはアルゼンチンなので、少し早めにお祝いしました。スペイン料理レストランに行って、Viognierというあまり聞いた事なかった品種の白ワインを試してみたらおいしかったわい。
アルゼンチンでは(他の国もなのかも?)、結婚記念日には決まったプレゼントを送り合います。一年目は紙でできたのも。二年目は綿でできたもの。三年目は革でできたもの…などなど。(いつになったらダイアモンドでできたものになるのでしょう…)
一年目の紙でできたものというのが意外と難しくて、お金以外思い浮かばなかったのですが、扇子をプレゼントし合いました。(エドが私のアイデアを真似て同じものにした…。)今年は綿しばり。これは結構簡単で、私はシャツを用意。ヤツ(エド)の行動を見る限り、買い物に行ったそぶりがないので、「忘れてんじゃないかい?」と思い、さりげなく私が買ったプレゼントの袋を見えるところに置いておきました。そしたら、このわざとらしいやり方が功を奏し、「あ、ごめんね、まだ買ってなくて。時間がなくて買い物いけなくて。日本に送るよ!」などと言ってきたので、「ショッピングセンターは夜10時まで開いてるよ!」と優しくアドバイスしておきました。ホホ。


さて、明日また突然、ドバイ経由とかケープタウン経由とかに変更しないといいんですが…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-04-06 14:34 |


<< 日本満喫中。 ナンナンダヨ! >>