「ほっ」と。キャンペーン
昭和な女。
私にはまだ子供はいないのですが、姪と甥がいて、オーストラリアに住んでいます。
日本人の姉とフランス人(→在豪20年近いので、私からすれば、すでにオージー化。でも本人はまだ生粋のフランス人のつもり。)

5歳の姪は母である私の姉とは日本語、義理兄とはフランス語、幼稚園では英語と、トリリンガル街道をまっしぐら。羨ましいです。
姉と接する時間が多い上、サザエさんなどの日本のテレビ番組が大好きな姪が一番操るのが上手なのがやはり日本語。

姉から聞いた話ですが、つい先日、近所からドタバタ、ワーワーキャーキャーと賑やかな音が聞こえてきたそう。そして、姪から出た一言。

「チャンバラでもやってんじゃないの~?」

いまどき、日本でもチャンバラごっこしないことを誰か教えてあげないといけませんね…。

私と電話で話した時のこと。庭に舞い込んできた親子の猫に名づけをすることになったと興奮する姪。なんていう名前にしたの~?と聞くと、「子猫ちゃんにははMisty!(英語で霧のかかった、という意)」と姪。へ~、すてきな名前だね!で、お母さん猫は?と聞くと「お母さん猫はね~、タマ!」

いまどき、日本でも猫にタマという名前をつける人がいないことを誰か…(以下前に同じ)

そんなモーヲタ(→モー娘。のオタク)ならぬサザエヲタな姪が姉に無理な要求をしたとか。

「ね~、お母さん、もしも、お母さんが男の子の赤ちゃん産んだらさ~」
「産んだら、な~に?」
「カツオって名前にしようよ~!」
「え?カツオ?カツオがいいの…?」
「うん!だって、カ・ツ・オって素敵な名前じゃない~?」

この昭和のにおいがプンプンする姪、修正不可能なような…。


f0009717_12144742.jpg

[PR]
by aquiakiko | 2006-07-25 23:38 |


<< これってなぞなぞ? 一石二鳥? >>