「ほっ」と。キャンペーン
アルゼンチンにある違う国?!
先々週末、三連休だったので、コルドバ郊外へ。

クンブレシータというコルドバ市街地から約120km離れたところにある小さな町へ。ヨーロッパからの移民が多いアルゼンチン。特にこの町はドイツからの移民が多く、町に着くまでの道路の最後30kmは舗装されておらず、山脈と川に囲まれ自然あふれている。
小さな町のセントロ(中心地)は自然保護のため、車の進入が禁止されており、まず到着したら、公共の駐車場へ。車を駐車すると、小さなゴミ袋を渡され、ポイ捨て禁止にご協力を、と呼びかけられる。

ここアルゼンチンのゴミ捨てのモラルは驚くほど低下しており、市街地などでは道路脇はもちろん、空のゴミ箱の回りにもゴミがあふれている始末。
「あとちょっとでゴミ箱に届くのに…」と思うものの、アルゼンチン人は大して気にしておらず、車の中からポイ!バスの中からポイ!とポイ捨てすることに悪気はあまり感じていない。

そんなアルゼンチンで、ゴミ袋を渡されてビックリ。早速、町の中を散策してみると、ゴミ一つ落ちていない。「違う国に来ちゃったの?」と思い違う程にキレイな町・「ラ・クンブレシータ」(ドイツの血がそうさせるのでしょうか…?)

f0009717_5133916.jpg
【夏になる海水浴ならぬ川水浴客が集まる】


ドイツ風ケーキを出すカフェテリアも多い。

f0009717_5142372.jpg
(本当にドイツ風なのかはわかりません…。)


カバニャと呼ばれるコテージ風の宿で一泊。

f0009717_515889.jpg
【コテージから望む風景】


空気もきれいで標高も高いので、夜はこんな数の星は見た事がない!というくらい星が空を埋め尽くしていました。

そして、翌日の昼食。

f0009717_518592.jpg
(フィレ肉にきのこクリーム→すごいボリューム)



f0009717_5194537.jpg
(フィレ肉に目玉焼き2つ→すんごいボリューム)


第二の都市とはいえ、ブエノスアイレスに比べると、中心地はとてもこじんまりして、自慢できるものは少ないけれど、ここのいい所は少し車を走らせれば自然があふれているところだなぁとつくづく感じたプチ旅行でした~。
[PR]
by aquiakiko | 2006-10-25 05:12


<< カフェにいるのか?クラスにいるのか? 意外と身近なスペイン語! >>