アルゼンチン北部の旅(インカの遺跡編)
ウマウアカの南にある町・ティルカラ。ここティルカラには「プカラ遺跡」というインカ時代の遺跡が残っています。

 norte-46

 

 

ティルカラの町から鉄橋を渡り遺跡へ。

 

 

 

 norte-535

 

 

 

石が積み上げられて低い塀のようになっているのが現存されている遺跡

 

 

 

 

 norte-524

 

 

一部は先住民が住んだ状態のように修復されている

 

   


norte-531

 

 

 

なんといっても、サボテンの存在感がすごい!

 

 

 

 

 norte-561

 

先住民の衣装を来た少女。(何かの撮影だったようです)

 



そして、ティルカラから約20km離れた町・プルママルカへ。この近辺もユネスコ遺産「ウマウアカ渓谷」に含まれていて、周辺はこのような山並み。

norte-164


norte-157

 

 

大好きなロッククライミングに挑戦してみました!

 

 

 

 norte-157  

 

 

 

嘘です。これが現実です。


 

 

 

プルママルカにある「七色の丘」(Cerro de los siete colores) norte-253

数えてみましたが、実際に何色かは相当あいまいな感じです…。でも響きとしてはやっぱり「7色の丘」が一番なのでしょうね!(「6色の丘」では微妙です…)

 norte-199

プルママルカの町はとても素朴で、大都市とは違ったアルゼンチンを見る事ができますし、かわいい民芸品もたくさんあり、またすてきな宿泊施設もあるので、フフイまで行ったらぜひ足をのばしてみてください!(フフイまで行くのが大変ですが…)

 

 

※本当はまとめて書いたらいいのですが、まとめてやる→大仕事→気合を入れる→気合を入れるまで時間がかかる→書くのが面倒になる→旅行の内容が古くなる→もう、いっか…、という一路をたどるのが目に見えているので、短めにちょこちょこ書いています。


[PR]
by aquiakiko | 2007-07-31 04:55 |


<< アルゼンチン北部の旅(塩湖編) アルゼンチン北部の旅(ユネスコ遺産) >>