アルゼンチン北部の旅(塩湖編)

プルママルカ(フフイ州)から標高4000m級の山を越えてサルタ州にある塩湖・サリーナス・グランデス(Salinas Grandes)に行く事ができます。塩湖といえば、ボリビアのウユニ塩湖が世界最大として有名ですが、このサルタ州の塩湖も国内最大規模。


norte-249

塩湖へ行く途中の山の頂上近くで見かけた野生のビクーニャ。「国際希少野生動植物」に指定され、捕獲制限されているのだとか。その毛は超稀少&世界最高級だそうで、あるお店のウェブサイトをみたら、ストールが50万円でした…!


norte-245

塩湖に到着。塩の白と空の青と風の音だけの世界。

norte-221

ブロック状に切り抜き、そのまま精製工場に運ぶだとか。横の小山は塩を乾燥させているそうです。水に指を入れてなめてみたら、しょっぱかった!(当たり前?)

norte-234

塩でできたテーブルと椅子

 

塩のかたまりが落ちていたので拾ってきたのですが、料理に使えるんでしょうかね…?やっぱり精製しないとダメなのかなぁ。

私たちは車で行きましたが、この塩湖へはサルタ市内もしくはプルママルカからツアーが出ています。プルママルカからは午前中と夕焼けがきれいな頃にツアーが出ているようなので、ウユニ湖までは行けないけど、塩湖が見たいという方は是非!

 


[PR]
by aquiakiko | 2007-08-03 03:51 |


<< アルゼンチン北部の旅(サルタ市... アルゼンチン北部の旅(インカの... >>