バルデス半島の旅 アザラシ&アシカ篇

ホエールウォッチングを満喫した後は、ゾウアザラシ、アシカなどの動物を見に、半島内をドライブ。

m_peninsulavaldes_s.gif

ホエールウォッチングを楽しんだ近辺のプント・ピラミデ(★1)にはアシカが生息しているとのこと。

Valdes057.jpg

この海岸にアシカが横たわることがあるのだとか。

ashika02.jpg

さて、どこにアシカがいるでしょう?

目を凝らして見ると…

ashika03.jpg

ここにいました!

なんだか犬のフンみたいに撮れてしまいましたが、正真正銘自然のアシカです!


さて、次はプント・ピラミデから75kmほど行ったところにあるプント・カントール(★2)へ。

cantor.jpg

ここにはゾウアザラシが生息。海岸にポツポツと何か見えるでしょう…?

Valdes016.jpg

動きも穏やかにみんな日向ぼっこ。

zou.jpg

これは夫婦なのかな?仲睦まじくて微笑ましい♪

この近くにはペンギンもいました。が、翌日、ペンギンの生息地に行ったのでそちらで紹介しますね。そして、私たちは行かなかったのですが、半島の北にあるプント・ノルテではシャチも見られることがあるのだとか。

この夜はプエルト・マドリン(★3)に宿泊。外国人観光客が多く、スペイン語よりも英語やフランス語、ドイツ語(たぶん、そう…)が耳に入ってくるほど。

バルデス半島の自然の次に楽しみだったのがシーフード!内陸都市・コルドバには新鮮な魚介類が滅多になくて、漁港が栄えている町での海産物を心待ちにしておりました!

友人に教えてもらったシーフードレストラン「El Nautico」(Av. Roca 790)。地○の歩き方にも掲載されているそうですが、夫の友人でこの近辺出身の人もこのレストランを勧めてくれました。

sakana.jpg

左は魚介類とライス。エビもカニもプリプリ。右のホタテのパエリア風なプレートもホタテがこれでもか!というくらい入っている上、ライスにはホタテの出汁が染み入っていて、本当に美味しかったです。(涙)

レストラン紹介ついでにもう一軒。

魚介類もいいけれど、パタゴニア地方に来たのなら(バルデス半島のあるチュブ州はパタゴニア地方です)、パタゴニアが誇る「羊」を食べないと帰れません!(いや、帰れますけどね)現地の人も「パタゴニアより北の羊は湿気が多くてにおいのある草を食べるから、肉もくさいけど、乾燥したパタゴニアの大地で育つ草はくさみがなく、それを食べる羊も全然くさくない!」と太鼓判。

Valdes247.jpg


早速、美味しい羊がありそうなレストランを発見。 (住所:Av.Gales 32)。

「mar」は海、「meseta」高原。

とっとちゃん風にいうと、「海のものと山のもの」ってとこ?


Valdes246.jpg

店の雰囲気もかわいらしく、羊肉のベーコン巻き、マッシュルームソースも美味。羊肉、本当にくさみがなかったです!

 

まだ続く


[PR]
by aquiakiko | 2007-11-29 07:14 |


<< バルデス半島の旅 ペンギン篇 バルデス半島の旅 クジラ篇 >>