バルデス半島の旅 アフタヌーンティ篇
バルデス半島の基点となるプエルト・マドリンの近くにガイマンという町があります。ガイマンはウェールズからの移民が多い小さな町。

そのせいか、ここの小さな町では「カサ・デ・テ」と呼ばれるアフタヌーンティーを楽しめるお店がいくつかあります。

アルゼンチンでアフタヌーンティーなんて!と思い、早速足を伸ばしたのが「TY TE CAERDYDD」(住所:Finca202)。ここはあのダイアナ妃が訪れたことでも有名なお店。
ミーハーな私としては、市街地から少し離れていても「絶対ここ!」と譲りませんでした。おほほ。

f0009717_69142.jpg
緑が多く、エントランスも素敵


f0009717_6121247.jpg
アルゼンチンの国旗とウェールズの国旗。故ダイアナ妃は1995年に訪れたそう。


f0009717_614384.jpgスコーン、パン、ジャム、ケーキと全て手作り。素朴な感じのアフタヌーンティで旅の疲れも癒されました。アルゼンチンの紅茶は大抵が美味しくないですが、ここの紅茶は美味しかったです!(食べきれないものは、テイクアウト用に包んでくれます)
対応をして下さってウェイトレスの方が70歳位だったので、「ダイアナ妃がここを訪ねられた時はいらっしゃったのですか?」と聞いてみると、やはりいらっしゃったそう。間近で見ても、テレビで見るのと同じように美しかったと思い出されていました。

ちなみにテーブルクロスを上等なものに変えただけで今出しているものと同じものを召し上がられたそうです。

f0009717_6204114.jpg
落ち着いた雰囲気の店内にはダイアナ妃の写真が。


日本で働いていた時の上司(女性)がびっくりするくらいのダイアナ妃のファンで(掲載されている雑誌、本は全て手にいれており、事故現場にも一人で追悼にいった…)、その上司がイギリスに行った時に、ダイアナ妃御用達の香水を買ってきてくれました。(日本非売品だとかなんとか)
かなりリッチな香りで外国人なら似合うだろうな~という感じだったので、義理母にあげてしまったのですが(ごめんなさい、上司!)、その香りをちょっと思い出しながら、午後の紅茶を楽しみました。




最後だけ飛ばしたバルデス半島の旅行記もなんとか完了。
久々に日本に里帰りしますので(興奮!)、しばらくの間ブログをお休みします。

では、ちょっと早めですが、メリークリスマス♪
[PR]
by aquiakiko | 2007-12-03 06:23 |


<< 2008年初ブログ バルデス半島の旅 ペンギン篇 >>