日本里帰り(温泉パート2)
帰国前にもう一度温泉に!と今度は女友達と伊豆・修善寺へ。

まずは三島で腹ごしらえ。

f0009717_4164635.jpg



三島広小路にある「桜家」にて。


友達と温泉旅行の相談をしている時に、私が数回行ったことがあるこのお店を提案。そしたら友達Eちゃんが「じゃあ、私がそのうなぎ屋さん、予約しておくよ!」と言ってくれたので「『三島 うなぎ 桜家』で検索すれば出てくると思うから♪」とお願い。

当日、うなぎランチだけ一緒にとやってきたEちゃんの旦那さんの運転でうなぎ屋さんに行こうとナビに「桜家」の電話番号を入れたら、すぐお店の近くにいるはずなのに、ナビが指す目的地は150km先の長野県…。
同乗していた静岡出身の友達Aちゃんが「静岡の市外局番とは違うかも…」と言い、Eちゃんが予約したお店に電話してみたら、なんと長野県松本市のうなぎ屋さん「桜家」だったのです!

なんとEちゃん、「うなぎ 桜家」で検索したら、先に長野県の方が出てきて、住所に気づかず予約したそう。久々に遭遇した凡ミスです♪(笑)

松本市の桜家さんごめんなさい〜。こちら松本市の桜家さんホームページです。お近くの方は是非♪(お詫びもかねて宣伝)

ま、そんな楽しいハプニングでお腹をかかえながら、修善寺の宿「宙 [SORA] 渡月荘金龍」へ。

雨がしとしと降る音を聞く部屋の中、たくさんの食事を頂く中、温泉にほっこり浸かっている中、ガールズトーク(もう年齢的にはガールズ圏外だが気持ちはガールズ)に花が咲く、いや一体花の衰える時は来るのだろうかというくらい話す女三人。

f0009717_4383111.jpg

これは朝食。小鉢がきれいです。

温泉好きの夫も義理兄(フランス人)もこの旅館の朝ご飯が苦手なんだそう。
二人とも朝はコーヒーだけでいいタイプなので、朝からごはんやら干物やら小さな鍋とかが目の前に出ただけで「あらま〜」って気分になるんだって。
まだまだ温泉旅館の良さをわかっていないやつらめ…。


f0009717_4435794.jpg





修善寺の川のほとり


f0009717_4443253.jpg





修善寺の隣にある日枝神社の杉


f0009717_4444956.jpg




日枝神社の夫婦杉。根っこが一緒になっているので夫婦杉なのだそう。




日本滞在中はその他に、カナダから沼津に移住した小中学校の同級生に会ったり、これまた小中学校からの友達(そのうち一人は幼稚園も一緒)と、14~5年前によく行った七里ケ浜にある「珊瑚礁」にカレーを食べに行ったり、前の会社仲間とランチしてまるで過去の時間を切り取ったような時間を過ごしたり、知り合った時はオシャレめな大学生、今は3人娘のパパになっている友達の家に遊びに行ったり、気の置けない友達とくだらないことを喋るということをアルゼンチンではほとんどしていなかった私にとっては本当に貴重な時間を過ごすことができました。



それとご報告になりますが、夫が一年前から申請しておりましたオーストラリア永住ビザを取得することができ、今月末にはオーストラリアのパースへと移住します。
残り3週間のアルゼンチン生活を引き続きこちらで紹介してゆきます。(ブログ更新前に引っ越し準備をしなくては…!)
[PR]
by aquiakiko | 2008-02-04 05:03 |


<< ヤギと足の長さ 日本里帰り(温泉) >>