Buenos Aires へ再び
さっき、オーストラリアに住む5歳の姪・カティアと電話で話したら、「ばあば(私の母)とMikiちゃん(もう一人の姉)からはお誕生日おめでとう。5歳おめでとう。っていうお手紙届いたよ。Akikoからは来なかったけど、忘れたんでしょう~?絶対忘れたんでしょう~?グフフ~。」って言われました。

忘れてたわけじゃないんだけど、まだ5歳だし、バースデーカード書かなくてもいいでしょう~、と思ったら、いまどきの5歳児って催促能力まで持ってるの?

とりあえず、郵便屋さんのせいにしておきました。あー、今から書かなくちゃ!



えっと、所用でブエノスアイレスまで行ってきました。ブエノスアイレスに行く時は、コルドバにないレストランに行くことで頭がいっぱいな私。今回のターゲットはエリスのあるじさんのところで紹介されていた韓国料理・Bi-Won「Los diarios tsurezure」で紹介されていた”Maiko Sushi & Wok”。いきなり行って閉まっていたらイヤだなぁ~なんて思って電話したら、予感的中。両方ともバケーション中…。トホホ。次回にトライじゃ。

気を取り直して、観光気分でブエノスアイレス市内で一番古く、数多くの有名人も訪れたというカフェ・トルトーニへ。
f0009717_222499.jpg
内装は歴史を感じさせるし、雰囲気もいいカフェなのですが、店員のサービスが悪かった。パンのくずがたくさん残っているテーブルに案内するし、テーブルクロスを変えてくださいって言ったら嫌な顔するし。それなりの店なんだから、店員もそれなりに振舞ってほしい。(もう行きませんー。)

またまた気を取り直して、久々の地下鉄に乗ることに。そう、私の住んでいるコルドバには電車がないのです。地下鉄の音が日本への郷愁を誘いますよ…。
70センターボを払おうとコインを窓口で探していたら、窓口のおじさんがあっちいけ、あっちいけ、と大きく手を振るのです。で、手を振る方を見たら、ちょうどホームに電車が。「え?いいの?」という顔の私たちに「いいんだよ、乗っちまえよ!」というおじさん。(全てアイコンタクト☆) へへ、ラッキー。ただ乗り。
f0009717_2373280.jpg

内装が木造、照明もアンティークな車両。中には日本の丸の内線の車両が使われているのもあります。(トリビア情報→その後、目撃)

そして、19世紀の街並みが残るSan Telmoという地区へ。ここはアンティークショップが多いことで有名。日曜日だし、Flea Marketでも出てるかな、と期待。

f0009717_2411439.jpg
【ヨーロッパからのアンティークがほとんど。目利きの人には驚くような品物もあるのかも】
f0009717_2423596.jpg
        【ソーダを作るガラスのボトルたち。色とりどりできれい】
f0009717_2452498.jpg
                  【アンティークの電話機】

次はSan Telmoを離れ、ブエノスアイレスの横浜(勝手に命名)Puerto Maderoへ。
f0009717_314395.jpg
     【横浜の赤レンガ倉庫風。この中にオサレなレストランがたくさんある】

私達は『Mi Buenos Aires』の管理人さんお勧めのレストラン『Siga la Vaca』へ。23ペソ(日本円で1,000円位)で、アサド(アルゼンチンBBQ)がブッフェ方式。サイドメニューも豊富でデザート付。ドリンクはお一人様、ワイン1本かビール1リットルかコーラ1リットル付。しかも普通のレストランではお水にもお金を払うのだが、お水はガスありでもガスなしでも好きなだけ。てっきりハーフボトルワインがついてくると思った私達、ワイン2つ下さいと言ったら、店員さんが「まずは一つずつお持ちしましょうか」というので、とりあえず「はい」と返事したら、フルボトルがテーブルにボンっ!豪快です。みんなガンガン食って、ガンガン飲んでました。(ちなみに昼)

そうそう、コルドバには電車がないと言ったのですが、実は一年前程前に開通したのがコルドバ~ブエノスアイレス(約700km)間を走る電車。普通列車でどうやら12時間位かかるそうです。このブログのために!といいたいところですが、そこまでの根性はありません…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-02-27 14:53 |


<< 止めずに行くよっ! アルゼンチンのテレビ事情 -2- >>