「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:未分類( 6 )
アルゼンチンにある違う国?!
先々週末、三連休だったので、コルドバ郊外へ。

クンブレシータというコルドバ市街地から約120km離れたところにある小さな町へ。ヨーロッパからの移民が多いアルゼンチン。特にこの町はドイツからの移民が多く、町に着くまでの道路の最後30kmは舗装されておらず、山脈と川に囲まれ自然あふれている。
小さな町のセントロ(中心地)は自然保護のため、車の進入が禁止されており、まず到着したら、公共の駐車場へ。車を駐車すると、小さなゴミ袋を渡され、ポイ捨て禁止にご協力を、と呼びかけられる。

ここアルゼンチンのゴミ捨てのモラルは驚くほど低下しており、市街地などでは道路脇はもちろん、空のゴミ箱の回りにもゴミがあふれている始末。
「あとちょっとでゴミ箱に届くのに…」と思うものの、アルゼンチン人は大して気にしておらず、車の中からポイ!バスの中からポイ!とポイ捨てすることに悪気はあまり感じていない。

そんなアルゼンチンで、ゴミ袋を渡されてビックリ。早速、町の中を散策してみると、ゴミ一つ落ちていない。「違う国に来ちゃったの?」と思い違う程にキレイな町・「ラ・クンブレシータ」(ドイツの血がそうさせるのでしょうか…?)

f0009717_5133916.jpg
【夏になる海水浴ならぬ川水浴客が集まる】


ドイツ風ケーキを出すカフェテリアも多い。

f0009717_5142372.jpg
(本当にドイツ風なのかはわかりません…。)


カバニャと呼ばれるコテージ風の宿で一泊。

f0009717_515889.jpg
【コテージから望む風景】


空気もきれいで標高も高いので、夜はこんな数の星は見た事がない!というくらい星が空を埋め尽くしていました。

そして、翌日の昼食。

f0009717_518592.jpg
(フィレ肉にきのこクリーム→すごいボリューム)



f0009717_5194537.jpg
(フィレ肉に目玉焼き2つ→すんごいボリューム)


第二の都市とはいえ、ブエノスアイレスに比べると、中心地はとてもこじんまりして、自慢できるものは少ないけれど、ここのいい所は少し車を走らせれば自然があふれているところだなぁとつくづく感じたプチ旅行でした~。
[PR]
by aquiakiko | 2006-10-25 05:12
サラミとワインの町へ~
ついこの間まで履いていたブーツから、ミュールやサンダルへと早速履き替える女性が多くなったコルドバはすでに初夏の兆し。気温も30度を越える日があり、ここ数ヶ月は雨も降らないので、家の中で夜干した洗濯物が朝になったら乾いているという湿気の高い日本ではあり得ない話。

そんな天気のいい週末にコルドバ市街地から車で40分程の所にあるコロニア・カロージャ(Colonia Carolla)という小さな町へ。この小さい町、実はサラミで有名。道路脇にサラミ売りが見え始めたら、目指す町は近い。

f0009717_4281365.jpg
【プラタナスの並木が続くコロニア・カロージャ】


早速、お目当てのサラミを食ようとレストランを物色。人で賑わっているレストランへ入ると「Hola!(スペイン語でこんにちは)ここはピカダ(サラミはチーズなどのおつまみ)だけしか出してないけどいい?」と毎日どれくらいのサラミ食べてるだろう~?と思わせるとっても恰幅のいいおじさんが尋ねてきた。

もちろん!サラミを食べるために来たんだもの~!


f0009717_4291513.jpg
【サラミ、生ハム、チーズ、腸詰ハムなど。これに自家製パンがつく】


天気のいい屋外で美味しいピカダとビールで心も体も満足。

ここコロニア・カロージャはイタリアの移民が多く、アルゼンチンワインの名産地・メンドーサとその数は比べ物にならないが、小規模で家族経営のボデガ(ワイナリー)がいくつかある。今回はその中の「Bodega NANIN」へ。


f0009717_4303073.jpg
【コルドバでは雹(ひょう)が降ることが多いのでこのようにネットを張る】


これまたどんだけサラミとワインを飲んでるんだ???と想像させる恰幅のいい、というよりも、でっかいおじさんがボデガ内を案内してくれた。


f0009717_4314017.jpg
【ワイン作りの歴史を辿った小さな博物館】



f0009717_4324759.jpg
【約100年前のワイン作りに使われた道具】


そして、もちろん最後はお楽しみの試飲♪


f0009717_43346100.jpg


普通、試飲だとグラスにほんの少し注ぐだけなのですが、このでっかいおじさん、気前も良くて、グラスの半分位まで注いでくれる。しかも全部飲むまで待っているので、嬉しいような、辛いような…!

ここのボデガは家族経営でとても小さいので、まだアルゼンチン国外には輸出しておらず、国内でもどこにでもあるというわけではないらしい。地酒ならぬ地ワインといったところかな!
[PR]
by aquiakiko | 2006-09-20 04:37
漢字、プリーズ
日本のことを聞かれて、すごく簡単なことでも答えるのはとても難しい。

例えば、「日本は朝もお米を食べるの?」と聞かれて、私の基準で「今は食事も結構欧米化されていて、朝食はパンの人が多い」と答えたら、外国人にとっては「日本では朝もお米を食べるのは古い話だ」なんてことになってしまう。もちろん朝からお味噌汁とごはんと納豆や焼き魚を食べる人もいるのだから、答える時は必ず、「・・・パンの人も多くなってきているけど、でもお米を食べる人もいる」と自分の習慣以外のことも付け加えるようにしなくちゃいけないと常々思うのです。日本全体のことを聞かれると、偏った意見を言ってはいけないな、となんとなく責任感を感じたりして。

逆にアルゼンチンについて知りたい事も、夫・エドに聞く時は、「それって根拠あるの?」とか「その話の出所は?」と聞くそんじょそこらの記者よりも厄介な妻。だってエド一人の意見だけではなくて、アルゼンチンにおいてどうなのかって聞きたいから、「これ偏った意見っぽい…」なんて思った時は、他の人にも聞いたりすることも。「信じてないの~?」って言われたりもするけど、その時は「全体の意見を聞きたい」と主張するのですよ。

ま、ちと真面目になったけど、日本についてよく聞かれるというか頼まれるのが、『名前を漢字で書いてほしい。』

漢字?うーんと、日本語には平仮名と片仮名と漢字があって、平仮名と片仮名でなら書けるけど漢字では書けなくてね、でも中国の新聞じゃハリウッド・スターも漢字で書くみたいだから、本当は書けるのかな、なんてダラダラ説明しても相手はチンプンカンプンになってしまうので、漢字?音と合わせて当て字で書く事はできるけど、それでいい?ということになるのです。

で、この間頼まれたのは『ダニエル』と『ギジェルモ』 (ジェ?ジェなんて漢字あるの…?)ということが瞬時に頭を掠めていくだって、なるべくスラスラっと書きたいのだもの。(日本人のプライド?)

まずは ダニエル  多仁絵流

次が ギジェルモ  技自英留文

(「夜露四苦」とかみたいな要領でね♪)

紙ナプキンに書いたそれをとっても喜ぶ二人。すっごく嬉しそう。

『でさ、なんて意味?」(い、意味?こんなに喜んでる顔みたら、なんか言ってあげなくちゃいけないぞ…。)

「えっと、多仁絵流はねぇ、多くの正義と戦って絵のような人生を送るってことで…」
ふんふん、と満足げなダニエル。

「でね、技自英留文はね、英語を使った自分のスキルで素敵な文章を書くってことかな…」(彼はロンドンに数ヶ月住んでいて、英語が話せるので、そんな経験を織り交ぜたりして。)
これにギジェルモは「オレの名前は英語名でウィリアム。イギリスの有名な作家・ウィリアム・シェイクスピアもウィリアムだし…!」と意気揚々。現在、レンタルビデオ屋の店長、新たな夢が開けたようです。

二人はこの紙ナプキンを大事そうに畳んで、大切にジーンズのポケットにしまっておりました。(もちろん、これはあくまでも当て字で、意味は漢字から適当に付け加えただけだから、意味と人生には責任は持てませんと小声で言っておきましたよ。)

ちなみに以前、中国人に「私の名前の『晃』って中国語だとどんな意味?」って聞いたら、「これ~?この漢字ほとんど使わないからなぁ。特に意味ないよ~。」と言われ、意味のない漢字なんてあるのかっ?と腑に落ちなく、別の台湾人に聞いたら、「これ~?あまり見た事ないなぁ。」と言われ、「え?でもなんか意味あるでしょう?」と食いついたら、「しいていえば、糸にぶるさがったお金なり石なりの錘がゆらゆら揺れてるっていう意味かなぁ。」 「え?じゃあ、意味はゆらゆらってこと?」「うん、そう、ゆらゆら」

しつこく聞かなく方がいいこともあるもんです…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-03-03 18:23
止めずに行くよっ!
観葉植物が大きくなってきたので、鉢替えをして、ホームセンターで買った土を足していると、新しい土からミミズが!

小さい時はこぶ結びにしたり、引っ張ったりしてたのに、心臓バクバクしちゃった。
さて、そのミミズをどうしたでしょうか~?

1、びっくりして生きたまま水道管に流した
2、びっくりして引っ張ったらお陀仏
3、びっくりして7階のベランダから投げた

正解は・・・




3 でした!うまく着地できたといいけど♪


ブログを見ていると、よく目にするのが○○バトンってやつ。同じ質問を色々な人が答えていくらしい。このバトンって回ってくると、小学6年生の卒業の時に、サイン帳がまわってきたような、ちょっと嬉しいような、気恥ずかしいような、ちょっぴり面倒くさいような気持ちになるんだな。

で、元上司のブログ「プロデューサーの独り言」から回ってきたバトンでございます。
で、見た人は絶対自分のブログで答えなくちゃいけないんだって。小学生の時に5人に書かなくちゃいけない不幸の手紙は止めた私だけど、これは止めずにやるから、みんなも答えてね~!楽しみにしてるんだからっ!

=============================

【見た人はミンナやるバトン】

■ルール■
見た人は全員やること!
絶対だから!嘘つきはダメ!

へへ、ここまで見たら戻れませんよ…。


Q1.モテたと思う時期はいつ?

うーん、中学生の時かなぁ。一日に二人に告白されたことがあったなぁ。後から聞けば、友達同士で、抜け駆けなしにフェアに同じ日にしようぜ!みたいな事だったらしく。河合奈保子(竹内まりやでもいい)の「けんかをやめて~♪」状態だったあの夏の日…。(っていうか二人は全くけんかしてなかったんだけど、思い出を美化させてちょうだい…。)

Q2.似てると言われたことのある芸能人は?

とりあえず、言われたことある人を思い出す限り(敬称省略)
いしだあゆみ、志穂美悦子、篠原涼子、石田ひかり、藤原竜也、叶美加、長谷川理恵、麻生久美子、山田優、吉田栄作、長谷川京子、めがねをかけた時の松坂慶子、竹下登元総理、アルプスの少女ハイジの「ハイジ」、ドラえもんの「しずかちゃん」

Q3.恋人を選ぶポイントは?

硬派な人(といっても、半袖を肩までまくりあげたりするんじゃなくて、あくまでも内面よ!)
鼻筋が通った横から見て綺麗な鼻を持つ人

Q4.ここぞという時の香水や服装がありますか?

うーん、ないかな。
ここぞという時ほど、普通にしてしまうあまのじゃく。ヘヘヘ。

Q5.告白されたことがありますか?あれば何人?

何人だろ♪数えられないわん♪(嫌な女♪)

一年位前に仕事で東京モーターショーにお手伝いに行って、派手なお姉さんがわんさかいる隅っこの地味なブースで地味な制服着て仕事してたら、後日、「何もプレゼントできませんがファンの一人に加えてください」という手紙といつ撮られたのかわからない私の写真が…。加えるも何もファンいないんですけどね…。マニアックな人だ。っていうかいつもマニアックな人からしか好かれないんだった。

Q6.わざとデートに遅れて行ったことがありますか?

わざとはないけど、遅刻魔なので、なぜか遅れて行ったことはあります。


ま、くだらない回答にお付き合いして下さった方々、アナタのブログ、楽しみにしてますからねぇ。
[PR]
by aquiakiko | 2006-03-01 14:15
あの娘は誰か、それとも…。
相変わらずオリンピックのオの字も聞こえてこないアルゼンチンです。(しつこいって?)
男子フィギュアのプルシェンコ優勝おめでとう!アータの演技、見たかったよ、すっごく。
前回のオリンピックで上下つなぎのまるで「俺はご先祖さま」のマリアンみたいな宇宙人服を来ていたので、姉と私との間でプルシェンコの愛称は『宇宙人』(ってそのまま)なんだけど、やっぱり圧勝だったんだねぇー。あー、見たかった…。(泣)





そうそう、日本からVarig Brasilというブラジルの航空会社でコルドバに来た私。
日本→ロス(給油)→サンパウロ→パラグアイのアスンシオン(乗降客ありだが、降りなくてよし)→コルドバというルート。だいたい待ち時間含めて32-3時間だったかな。

そのVarig Brasilが日本→ロス間、コルドバ→サンパウロ間の運行を撤退してしまった。

1年OPENの往復チケットで来たので、どういうルートで帰国できるかVarig Brasilに電話。
マリア・ホセ(一応仮名)という女性が応答。手持ちのチケットのコピーを送って下さいというのでメールで添付。具体的な話はチケットを見てからとのことで…。

さて、1週間後、マリア・ホセにTEL。

『え~、マリア・ホセは今日は休みよ。明日は出社するから。』

一日後

『えー、マリア・ホセは今日はまだ出社してなくて、40分後に来るわ。』

一時間後

『えー、マリア・ホセは今週はバケーション中だよ。来週の月曜日に出社するよ』

信用できず一日後

『えー、マリア・ホセは今、電話中よ。ええ、出社しているわ』

三時間後

『えー、マリア・ホセは今日は来てないわ。え?出社してるって言われた?うーん、やっぱり今日は来てないわ』

                   ・
                   ・
                   ・

わかってました。知ってました。慣れたつもりでした。この国では色々な手続きがそう簡単にいかないこと…。

でもマリア・ホセ、あなたは実在するのか、それとも幽霊か…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-02-17 21:57
恋しいもの
あ~あ、おせち、恋しいなぁ~なんて思いながら、作る気力も食材もない。家にあるのはバナナとヌテラ(イタリアのチョコレートクリーム)。

で、元旦早々作ったのが、チョコバナナクレープ~竹下通り・マリオンクレープ風~。(BGMはチェッカーズがCCBでよろしく!)中学生の時に電車で一時間以上もかけていった原宿。あの時はバイトのお兄さんがおたまでクレープ生地を伸ばすのを背伸びしながら覗いて、へ~簡単そう、なんて思ったけど、実際やってみると難しかった。お兄さん、上手だったんだなぁ…などと懐かしい感情にひたりつつ、クレープを食べたら胃がもたれた。どうやら、あの時から15年以上も経つと胃もお年を召した様子…。

夜になって、やっぱり日本ぽいものが食べたーいとなり、冷蔵庫を覗くと、とうもろこし、アボカト、カニカマが。そうなるとこれしかない。

f0009717_22377.jpg


いつもは巻き寿司だけど、今日はお正月ってことでにぎり!(←下手)
アボカドにぎりと回転寿司の定番・カニコーンサラダ(チープな寿司…)



おせちやお雑煮にも恋しいのだが、なんだかこれがなくてさみしいなぁって気づいたのが年賀状。働いていた時は100枚以上出したりして、「こんなシステム終わってしまえ!」と感じていたけど、本当に出したい人にだけ出す年賀状はやっぱりいいもの。

そう言えば、小学2年の時に友達に出した年賀状を大きくなってから見せてもらった。「あたしったら、どんな事書いてたの~?」とワクワクして見せてもらうと、そこにはデカデカと



 『明けましたら おめでとう』    という文言が…。



トンチを気かせる年でもないし、きっと、まだ年が明けていないんだから、と純粋に書いていたんだなぁと思うと、いつから大人な年賀状を書くようになったんだろう、と思ったり。


ということで、年賀状が恋しいんです。
余った年賀状がある人、郵便局で交換する前に私に送って…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-01-05 02:46