カテゴリ:食( 20 )
どうしてないのか、コレとコレ。

日本では簡単に手に入るものがなかったりする。こういうことは海外にいると多々あります。

日本食材はもちろんですが、どうしてこれがないのかな~、と思うものが。

一つは有塩バター

アルゼンチンでは売っているバターは全て無塩。
もしかしたら高級輸入スーパーなどではフランス産辺りの有塩バターが売っているかもしれませんが、普通のスーパーでは無塩しか見かけたことがありません。料理や菓子作りには問題ありませんが、フランスパン(これはアルゼンチンにもあります)に塩のきいたバターをたっぷり塗って食べると美味しいのに…。


もう一つはプレーンヨーグルト

大体どこの国にもあると思っていたので、必死になって探しましたが、やっぱりない…。首都のブエノスアイレスに住む人たちに聞いたら、首都には一つだけプレーンのくせに脂っこそうのならある、と聞きましたが、そのメーカーはここコルドバでは売ってないのです。(ま、オイリーなプレーンヨーグルトってのも困りもの…)
ヨーグルトは体にいい!ということでこちらでもよくテレビCMも流れていますし、スーパーにもたくさん売っていますが、アプリコット味、バニラ味、ストロベリー味と、どれもフレーバー付。

インディアンカレーにもお菓子作りにもかかせないプレーンヨーグルトはどうしてもほしい!ということで、コレ。

f0009717_1251160.jpg


春に日本に帰国した際に持ってきた種菌を使いヨーグルト作り。日本でも少し前に流行りましたよね、カスピ海ヨーグルト。
容器を煮沸して、計量して、化学の実験状態になるのですが、できたヨーグルトはあまり酸っぱくなくて美味!

f0009717_1254588.jpg
【プレーンのまま、この時期(冬~春)に出回るイチゴで作ったジャムを添えて】


近隣在住のご希望のには、このヨーグルト菌をお分けしますよ~!(たぶん誰もいないでしょうけど…)
[PR]
by aquiakiko | 2006-09-15 01:28 |
ディスコで料理?!
アルゼンチンでは本日の日曜日は「子供の日」。
昨日、カルフールに行ったら、おもちゃを買ってもらう子供がわんさかいて、レジに30分も並ぶはめに…。

手頃なものだとお人形や車のおもちゃ、高価なものだとプレーステーションとかラジカセ(今やCDコンポっていうべき?)などをプレゼントとしてもらえるよう。
新聞にもおもちゃの広告がたくさん入ってきて、どんなものがあるかみていると、なんと昔のカセット式のファミコンらしきものが。私も確か小学校三年生の時に買ってもらったあのファミコン…。
映りが悪いとカセットの接続部分にフッと息をかけて直そうとたり、”ハイパーオリンピック”というゲームは連打がものをいうので、親指と人差し指にセロテープを貼ってその指でこすって連打したり…。

ま、アルゼンチンでもそれを買う人はほとんどいないようですが、なんだか懐かしくなったりして。

そして、今日は夫の友達の誕生日パーティーに。冬なのに半袖でいい程のぽかぽか陽気の中、友達が庭のバーベキュー台で作ったのがコチラ。

f0009717_1124218.jpg


ディスコ(disco)と呼ばれる円盤型の鉄板を使った料理。直火にかけたディスコの上に牛肉ににんにく、白ワインを加えて焼き、仕上げに生クリーム。「Carne al Disco」カルネ・アル・ディスコというメニュー。(←プリン・ア・ラ・モードっぽい?!)

同じようなものを鶏肉や豚肉でフライパンで作ったことがあるのですが、このディスコの威力なのか、とっても美味しかった!

何人か小さな子供もいたのですが、歩くと光る靴とか、マイクつきのラジカセとかもらいたてほやほやのおもちゃと嬉しそうに遊んでいました~。


f0009717_11324962.jpg
   <友達の子供。かわいい顔して、大型犬を棒で追いかけまわして叩くという2歳児…>
[PR]
by aquiakiko | 2006-08-13 23:22 |
一石二鳥?
内陸の都市・コルドバではなかなか新鮮な海鮮類が手に入らないのですが、
メルカド(市場)にお肉を買いに行ったら、おいしそうなイカが!

イカはCalamar(カラマル)というのですが、この小さなイカはCalamate(カラマテ)と
言うらしい。(市場のオジサンがそういってたのですよ。スペルに自信なし。)

新鮮なイカににんにくとパセリのみじんぎりを合わせ、小麦粉をつけて
フリート(フライ)することに。

さて、イカを洗っていると、アレレ…。

f0009717_2332582.jpg


何かが出てきたぞ…。



f0009717_23334240.jpg


これって、もしかして…?



f0009717_23341120.jpg


魚じゃん!


たいして大きさが変わらない獲物を食べたチャレンジャーなイカ。
新鮮そうなので、この魚も食べちゃいました~。
[PR]
by aquiakiko | 2006-07-24 11:27 |
ナンナンダヨ!
先週末に友達に送別会までやってもらって(2ヶ月位の滞在なのにね)、あー、明日にでも日本に発ちたい気分!

最近はブログをやっている友達も多くて、会えないけど、近況が知れて、本当に嬉しい。でも、いつ更新してるのかわからない時ないですかー?
で、私が使っているのがBloglinesです。このページの左にあるタグ「My Feed」によく行くブログを登録しておいて、このページさえ開けば、更新されたブログだけ見る事ができるのでーす。ってもしかして、『今更、そんなこと知ったのかよ?』っていう情報だったら、『こいつもやっと知ったのか、かわいそうに』っていう大きな心で受け止めて下さい。



そうそう、アルゼンチンで何を作っているの?なんて聞かれることが多いけど、スパゲッティとかお肉を使ったイタリア系、スペイン系料理や、もちろん日本食も作ります。ただエドは生粋の日本人じゃないから(って当たり前)、海草とかが苦手。妻的には髪の毛2323計画ってことで食べてほしいんだけど、そこまでは日本人じゃないんだって。

あとよく作るのがカレー。日本のカレーはもちろん、スパイス4種(クミン、ターメリック、コリアンダー、チリパウダー)を併せてインドカレーも作ったり。難しそうに聞こえるけど、本当に簡単。レシピはGoogleで『簡単 インドカレー』で検索してみよー!(レシピ検索には何でも”簡単”をつける私。)
で、インドカレーと言えば、やっぱりナンでございます。アルゼンチンにはアラブ系は多いので、アラブ系レストランは多いけど、インドからの移民は少ないのかインド料理レストランは見たことがない。(きっとブエノスアイレスならあるのかも)で、またGoogleで『簡単 ナン』って検索してみよー!ってやったら、意外とできそうだナン♪

ってことで出来上がり。

f0009717_465734.jpg
      パンよりも格段に簡単で、出来たてはフワフワで美味しかった!!!

余ったナンは生卵を使っているから焼いておいてから保存して、食べる直前にまたフライパンなりトースターなりで温めてサンドイッチにすると旨いんだナン♪
[PR]
by aquiakiko | 2006-04-03 15:50 |
10日後には…♪
アボカドが日に日に熟れてます、いや、熟れまくりで追いつきません。
一昨日はカレーにアボカドのピュレを添えて、昨日は朝はアボカドサンドイッチ、お昼は冷やし中華にザクザク切ったものをのせて、夜は白いご飯に醤油とわざびでトロ気分。とにかく何にでものせてみる、合わせてみる。意外とアボカドって何にでもあうカメレオン食材ですよ、奥様。

あとできるだけ早くたくさん食べておきたいのです。だって、だって、あと10日もしたら、日本行きの飛行機に乗れるんですもの!里帰りするんですもの!

行きは成田→ロス→サンパウロ→コルドバと経由してきたのですが、ヴァリグブラジルがコルドバ~サンパウロ間、ロス~東京間から運行撤退したため、今回の帰国はコルドバ→ブエノスアイレス→サンパウロ→パリ→成田と逆回り。どっちにしたって日本の真裏だから大して変わらないんだけど。ほんとはパリ辺りで辻仁成とミポリンの家でも見に行こうとでも思ったけどってのは嘘で、軽く2、3泊♪なんて甘い夢を見ましたが、荷物のことを考えるとかったるいので止めました。(昔、仕事でNYに行った時にミーハーな上司に宇多田ひかるが育ったというマンションの前に連れて行かれました。どうしたってただのマンションでしたが、上司は写真まで撮ってました…。←自分込み)
なので、シャルル・ド・ゴール空港で束の間のフランス気分を味わいたいと思いまーす。その時点で出発から20時間以上経っているので、すごい形相だと思われるのですが、空港でのお勧め情報があったら教えてください♪

日本に帰るとなると余計に日本食が恋しくなる!んです。で、カナダに住む友達のウェブサイトに美味しそうなドラ焼きがあって、私も冷凍庫にあった餡子でこしらえてみましたよ。

f0009717_22213693.jpg
   <毎回、同じお皿です。だってウチ、あまり食器ないんだもん。これ一張羅。>

糯米粉があったので、それを練り練りして、茹でて、叩いて、お餅もどきにして、中に入れて、『白玉入りドラ焼き』にしてみました。
実家の近くに『バターどらやき』というのが売っていて、ちょっと塩味が効いていて、とってもおいしい!(スイカに塩みたいな感覚)あー、日本に帰ったらそれ食べようっと!

そうそう、日本に行くって言ったら、デジカメを2台、i podを3つ頼まれました…。(アルゼンチンは輸入物に相当な関税がついているのかすっごく高い!)危く香水まで頼まれそうだったのですが、聞こえないふりしました。もちろん、私はマザーテレサのような大きな心は全くもって持ち合わせてないので、i podは残念ながら売り切れ、デジカメは表示が全部日本語だとかなんとか言ってごまかすつもりです…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-03-29 10:58 |
丘なのかい?山なのかい?
先週末、乗馬しに行った所は本当に田舎で周りは丘と川だけといったのんびりしたところ。こちらでは皆「Sierras」(丘)と呼ぶのですが、ここコルドバ郊外にある丘は標高2000mを越えるものばかり。で疑問に思ったのでが、どうして山と呼ばずに丘と呼ぶ?ということ。どうやら、何メートルまでが丘で何メートルからが山という定義なないそうで、景観と合わせて突出して(定義的には200メートル以上)高かったら、山だそう。コルドバは2000メートルを越えているものがあっても他にも同じように高いものがたくさんあるので、丘だそう。だから世の中には山より高い丘があるってことですな!ちなみにデンマークの最高地点は170メートル強で、これはこれで200メートルを越えていないから、山にならないんだって。

そんな山のような丘のような所で過ごした週末で何よりも楽しみだったのは、湧き水に近い水が飲めた事。水道の蛇口をひねると冷たくて、ピュアな味のする水が飲めて、美味しかった~!
で、エドやエドの友達とで川辺に休んでいると、「あ~喉が渇いた~。私、お水とってくるね!」と一人のアルゼンチン娘が立ち上がった。美味しいお水を大きな水筒に入れてくれてみんなでゴクゴク。あっという間に飲み干す。と思ったら、そのアルゼンチン娘、コップを持って、川へ。その川、犬が泳いだり、馬が渡ったり、男性陣が用足しもしちゃってるんですけどね…。川の水をコップに入れて、コップをちょっとかざして水質をチェックして(ていうか、できてない)、ゴクゴクッ!「どう?美味しい?」との皆からの問いに、「あ、ちょっと砂の味がするわ~」と笑顔な彼女。他のアルヘンティ~ノも試しにゴクゴク。「あ、大丈夫じゃん!」(根拠なし)「Akikoもいる?」、「ううん、いらない。さっき飲んだから」とブンブンかぶりを振る私。いくら下が見える位透き通っていても、川は流れていて上からどんどん水がくるとわかっていても、まだできません、私には、そんな技…。わたし、日本人ですから…。いつかできるようになるのでしょうか。

で、その川の近くに生い茂っていたのが、この木苺。スペイン語ではSalsamoraっていうらしいんだけど、辞書にはありませんでした。Moraというのはあって、「クワの実、キイチゴの実」と書いてあるので、キイチゴの一種だと思います。

f0009717_21463882.jpg
         ≪熟したのもはもっと赤黒くなり、その実はとても甘い≫

まだ時期になり始めで熟していないものもあって、かなり酸っぱかったので、摘んでから数日放置。で、まずはジャム作り。パンをジャムにつけて食べたりあまりしないので、このジャムを混ぜ込んでマフィンに。酸味が強いので、チョコチップも入れてみた。

f0009717_21505048.jpg
     ≪マフィン フランボワ~ズ アベク ショコラ~♪←でたらめフランス語≫

酸っぱさとチョコの甘さでなかなかいけた一品でした。もっと採ってくればよかった…。
[PR]
by aquiakiko | 2006-03-18 09:20 |
南半球の不思議?
夜になると秋風が吹いてきて、長い夏が終わり、やっと秋が近づいてきてくれたアルゼンチンです。
南半球の国に行くとよく言われるのが、
『季節が日本と正反対なんでしょ?」
とか
『バスタブの栓などを抜いた時にできるうず巻きが日本と逆なんでしょ?』
とか
『南半球の人は頭のつむじも逆巻きなんでしょ?』
とか
『太陽は西から昇るんでしょ?』
とか
(全部ほんとじゃないからね~って当たり前か)

南半球の国・アルゼンチンに住んで驚いたのが、『南風は寒い』『北風は暖かい』ということ。当初は夫・エドが『南風が吹いてきたから涼しくなるな~』なんてつぶやいていると、『あらま、南と北間違えちゃってるよ、この人ったら。』なんて思っていのたですが、間違えていたのは私だった!
でもいまだに慣れない。寒い南風って…。暖かい北風って…。
てことは『北風小僧の寒太郎』の歌なんてこっちじゃありえなくって、『タッチ』の喫茶・「南風」なんて寒くて入る気にならないのだろう…。

ま、そんな少し涼しくなったアルゼンチンの市場で見つけたのが新鮮そうなサーモン。
肉が市場を占めているこの国で、しかも内陸のコルドバで、新鮮な魚を見つけるの至難の技。冷凍の魚の上に積み上げられたサーモンの半身。なんだか今までに見た事のない新鮮さ。これ、もしかして刺身でいけるんじゃない?とエドとワクワクモード。魚屋の兄さんに、「このサーモンいつ獲れたの?」と聞くと、「おとといだよ!」とのお答え。即答だったので、なんだか怪しいのだが、見た目はとっても新鮮そうなので、少しばかり購入。
そして、家で包丁を研ぎ、待望の刺身!

f0009717_3445245.jpg


大根も海草もないので、とりえず人参をツマに。(オレンジ色だらけ)そしてバラ巻きっていうの?かなり崩れてるんですけど。早く食べたくて、手が震えた。

う~ん!脂がのって美味しかったのですよ!
正直、食後2-3時間はお腹をこわしたりしないかビクビクもんだったんですけど、5日後の今も大丈夫なので、たぶん平気だったのですね、ホッ。
[PR]
by aquiakiko | 2006-03-09 15:24 |
アン・アン・アン♪とっても大好き~♪
相変わらずオリンピックのオの字も聞こえてこないアルゼンチンです。すでに、アルゼンチン人のベクトルはドイツのワールドカップに向きまくりでございます。

そして、今日はバレンタイン。さて、アルゼンチンのバレンタインについて。と書きたい所ですが、ここではバレンタインのバの字も聞こえてきません。(嬉!)

あの煩わしかったバレンタインの日々。特に会社の上司や同僚にあげるあの無意味な義理チョコ。本当にイヤで、バレンタインの日を挟んで旅行に行っていた私です。



最近、涼しくなってきたら、なんだか和菓子が食べたくなって、中華食材屋で売っていた小豆を購入。小豆なんて自分で煮たことないし、早速、母上に電話。

小豆:適量
水:適当に。足りなくなったら足すこと。
砂糖:お豆が煮えたら、適量を味を見ながら入れる。塩も少し。

という、孫の代まで残せるような素晴らしいレシピを入手し、早速挑戦。(ちょっと不安…)

結構、煮るのに時間がかかったけど、煮えてくる時のあのお豆の香りがたまらなく郷愁を誘うのねぇ。

まずは、Gluten Rice Flour(糯米粉→白玉粉らしい)で、白玉を作って、白玉汁粉で。で、翌日は、急に食べたくなったこれに挑戦。

f0009717_5244178.jpg
           ごま団子!(和菓子じゃないということはさておき…)

水で伸ばして耳たぶ位に柔らかくなった白玉粉で餡を包んで、その周りに白胡麻をつけて、油であげるだけ。
出来たては、アツアツで白玉がとろけて、餡も熱くて、危く舌がやけどしそうだったけど、ウマカッタ!私でもできたので、誰でもできると思いまーす。残りの餡はドラ焼きかな~。



週末に行った友達のCasa de campo(別荘)での風景をパチリ。本当に田舎でなーんにもないんだけど、川の水がとっても透き通っていて、素敵な所でした。
f0009717_5395988.jpg

[PR]
by aquiakiko | 2006-02-14 17:34 |
一束の差
一週間前から、今日は朝9時から水道タンクの掃除ですとエスカレーターに張り紙があったので、断水時用にペットボトルやバケツにたっぷり水を汲んだのに、一向に断水されず、掃除をしたのか、しなかったのか気になる私です。

今日は久しぶりに涼しかったので、マフィンでも焼こうとバターを冷蔵庫から出したら、太陽が出てきて、ガンガン暑くなって、汗びっしょりでマフィンを作った私です。

朝起きて洗面台を見たら、エドが剃ったヒゲが落ちてると思ってよく見たら、動いていた。どうやら子沢山の蚊が幼虫を産んでしまったらしく、朝から殺菌掃除で忙しかった私です。


ま、今日はそんな感じの一日でしたが、昨日は家の近くのマーケットで野菜を調達。
新鮮な野菜がいっぱいあって、色々と買いたいのだけれど、それができない。
なぜかと言うと、一束がでっかい!
昨日はほうれん草を購入。で、でっかい!

日本のレシピを見ると、「ほうれんそう一束(約200g)」などと書いてあるので、アルゼンチンの一束は何グラムか量ってみました。1kgまで量れる秤が振り切ったので、1㎏以上ということがわかった。日本の5束分…。(分けてやればよかったんだけど、そこまでは面倒でした、ハイ。)
なので、ほうれん草を買えば、その週はほうれん草を食べ続け、ルッコラを買ったら、その週はルッコラを食べ続け、チコリを買えば…。(以下同文)

でもそんな掟に反して、どうしてもルッコラも食べたくなって買って、家で洗っていると、葉に白い斑点が…。ネットで調べてみるとどうやら「うどんこ病」とかいうやつらしい。一種のカビらしいのだけれど、食べていいものかどうかわからなくて、念のため、捨ててしまいました…。うどんこ病にかかった野菜って食べても平気なのかな?でもカビだから、ダメだよねぇ。


一応、汗まみれで作った『チョコチップバナナマフィン』(注:汗は入っていませんので、ご安心を!)
f0009717_73747.jpg
   【シリコン製のマフィン型で。シートは要らないし、取り出しやすいしとっても便利】
[PR]
by aquiakiko | 2006-02-02 07:07 |
幻のカレー?
エド(夫)と日本に約一年間住んでいた時のこと…。

エドがある日、「今日、会社の人とすっごく美味しいカレーを食べた!」と満足気な顔。

「え?どこで?」

「アキハバラ」

(秋葉原?確かに市ヶ谷とか美味しいカレー屋さん多いし、秋葉原にもあるのかもね~)

「で、なんてお店?」

「うーん、名前は覚えてないけど、今度アキハバラに行ったら、絶対連れて行ってあげる!」との事。


そんなある日。二人で秋葉原にいて、お腹がすいた。そういえば、ここに美味しいカレー屋さんがあるって言ってたな、エド。

「ねーねー、美味しいカレー屋さんあるって言ってなかった?」

「あー、そうそう!パリパリチキ~ン♪あのお店だよ~!」(これがお気に入りらしい)


と言って、指をさしたのは「Coco壱番館」(通称:ココイチ)じゃないかっ。

「え?あれ???」(驚愕)

「そう、あれ。パリパリチキ~ン♪」

「あれって。チェーン店じゃーん。美味しいかもしれないけど、どこにでもあるし、わざわざここまで来て食べたくないから違うのにしよ。」(憤慨)

「え?パリパリチキ~ン♪じゃないの…?」

「うん、今日はない。また別の日に、ね。」(命令)

ということで、結局ココイチは行かずまま。


で、先日カレーを作ろうとしたら、「パリパリチキン」にしてほしいとエドがリクエスト。でも私は食べた事がないので、どんなものかネットでチェック。

写真を見ると、単にフライパンでチキンをパリパリに焼いているように見えるのだけれど、エド曰く、パン粉が付いていたと思うとか、少し唐揚げみたいだったとか言うので、間をとって小麦粉をつけて浅めのオイルで揚げ焼きしてみることに。

それはそれで美味しかったのだけれど、どうやら「ココイチのパリパリチキンカレー」とは少し違う模様。

誰か、ココイチのパリパリチキンカレーのチキンがどんなものだか教えてくださ~い!
[PR]
by aquiakiko | 2006-01-25 16:26 |