<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
薬に頼らずにいこう

インターネットの記事を適当に見ていたら、風水的には「白くても丸いもの」を玄関近くに置くと開運につながると、Dr.コパの娘さん(名前忘れました…)が言っていました。白くて丸いものなんて野球ボールかバレーボールくらいしかないんじゃない?と思っていたところ、2年前に川に遊びに行った時に川底から拾ってきた白くて丸い石があることを思い出し、コパ娘の風水に従い早速玄関の近くへ。

我が家にはいわゆる「玄関」というものがない上、まあ大して広くない家なので、どこが「玄関」なのかそもそもよくわからないのですが、とりあえず「ここかな?」というところに置いてみました。

さて、その日の夜にブロッコリーを茹でてザルに揚げようと思ったら、シンクへ流すはずの熱湯が私の足の甲にジャー!!(なんだよ風水!開運じゃないじゃん!と自分のミスを風水のせいにする器の小さい私)

とにかく熱いのなんのって、スリッパから靴下を通って、熱湯がべっとり。とっさに足をシンクの高さまで持ち上げて(ヨガやっててよかった♪)、水をかけたのですが、もう皮膚は真っ赤で、ジンジン&チクチク痛い…。

そこで私のバイブルが登場!

toujyou_1_1

東城百合子著「家庭でできる自然療法

この本は食事から病気の手当てまで全て自然療法で治癒する方法が載っていて、今から25年以上前、私が小さい頃から母がこの本で風邪をはじめ小さな病気を治してくれていました。食事療法は今でいう「マクロビオティック」といったところかな。

アルゼンチンにもこの本は持ってきているのですが(オーストラリアに住んでいる姉も持っている♪)、残念ながら手に入らない植物も多いのです…。でも、ここでもよく見かけるビワを使う「ビワ療法」で、「流行性結膜炎」(乾燥した冬にコルドバで流行る結膜炎)、「喉の痛み」、「爪に入ったばいきん」などを市販の薬を使わずに治したことが何度も。

あとは「ものもらい」や「大きくなってしまった吹き出物」に、にんにくを焼いたものを貼ると、翌日には中にたまっていた膿がすっかり出て、これまたすっかり良くなりました!

中学生の時にちょっぴりにきびちゃんだった姉も「よもぎパスタ」で肌がきれいになったし、体の調子が悪い時はまずこの本を見るようにしているくらい信用しています。

そんなこともあって、今回の「やけど」にも、まずはこの本!
どうやらビワエキスが効くとのこと。

biwa_1_1

2年前につけたビワキス

これを少し水で薄めて、コットンに浸して、乾いたら交換し、寝ている間もつけていたら、翌日の朝には赤みがほとんど取れ、片足を引きずって歩くほどの痛みも消えていました。やっぱり効く!

このようにエキスを作っておいたり、ビワの葉を摩り下ろしたり、にんにくんを焼いたり…と色々手間はかかるのですが、薬で強引に治すというのではなく、食材やら植物やらが体にすーっと入って作用してくれるので、治った後の感覚が軽い、自然に治ったという感じ。(もちろん、場合によってはお医者さんに行きますし、薬にお世話になるときも多々あります)

東城百合子さんの他の本はAmazonで購入できるのですが、この本はAmazonでも一般の書店でも売っていないのです…。興味のある方は出版元の「あなたと健康社」(会社のホームページがない…)へ問い合わせてみてくださいね。

結局、風水開運の「白くて丸いもの」は我が家の玄関から取り去られたのでした…。


[PR]
by aquiakiko | 2007-09-25 01:14 |
コルドバの動物園
私の住むコルドバにも動物園なんかがあったりします。
歩いて10分くらいで行けるところにあるので、南米らしい動物はいるかな?などと思いつつ行ってみました。

まずは鳥コーナーが。
鳥は小さくて一見キュートなくせに、顔が真剣なのであまり得意ではないのです…。

f0009717_5382563.jpg



柵で写真だとほとんどわかりせんが、二羽の鳥です。

f0009717_5414063.jpg
説明書きには「PATO MANDARIN」とあります。そう「おしどり」です。いつも雄雌が一緒にいることから「おしどり夫婦」なんて言葉もありますもんね。

この2匹が雄と雌か、夫婦かどうかは知りませんが、そうであってほしい…。


そして、その説明書の隅には「日本ではこのおしどりのようにとお互いの忠誠心のシンボルに一対のおしどりを夫婦に贈ります」との言葉が。昔は贈ったのでしょうかね…?

f0009717_5493415.jpg



まあ、こんな南米らしいオウムもいたり。

奥に進むと、あのピューマが。(スペイン語ではプーマ)
スポーツメーカー「プーマ」のモデルの動物です!
f0009717_551857.jpg
が…、暑さのせいかこのようにぐったり…。


f0009717_5542725.jpg
こんな姿を想像していたのですが…。


f0009717_5591946.jpg
でもよく見ると、右奥にはこんな肉の塊が!こんなにぐだ~っとしていても、肉食動物なのさ、オレ様は!とでも言わんばかり。

他にはライオン、トラ、ジャガーなどもいましたが、個人的にはこの動物がお気に入り!
f0009717_613578.jpg
中南米に生息するアルマジロ(armadillo)

スペイン語で「armado(アルマド)」とは「武装した」の意で、その甲冑を身にまとったような姿から「アルマド」から由来して「アルマジロ」という名前がついたとか。
格好はかなりごついですが、下を向きながらら、短い足でちょこちょこと何度も同じ場所を必死に走る姿がとっても可愛かったです。

そして、この動物園の脇に、ひっそりと、存在感をうすーくして建っているのがこの観覧車。
f0009717_6104343.jpg

実はこの観覧車、あのエッフェル塔と同じ設計者がデザインしたそう。
この写真だけ見るとなかなかいい感じですが、実際も見ると他の景観と全くそぐわなく、「何?あの観覧車…?」という印象で、今はもう動いておりません…。
でも「エッフェル塔の設計者の作品だから…」と置いてあるそうです。

「これ、もう使わないし、デザインもださいけど、ブランド品だし、高かったんだよね…」とタンスの奥に眠るバッグたちを捨てられないの気持ちと似ている気がします。なので、この観覧車を置きたいコルドバ市のみなさまの気持ちが痛いほどわかるのです。(笑)
[PR]
by aquiakiko | 2007-09-22 06:23 |
洋梨をこんな風に。

いつも野菜や果物やフェリアで買うのですが、にんじんもオレンジもなんでもKg買いしてしまいます。新鮮で美味しいそうだからつい…、という理由もありますが、夫婦二人暮しでそんなに食べられないのに買ってしまうのは計算が全部暗算のせい。

価格表示が全部1kg単位なので、例えば洋梨1kg2.8ペソの場合、洋梨3個だけ買って400gだとすると、暗算しなければならない店員にとって計算がとても面倒…。しかも人がわんさかいるフェリアのこと、「この計算面倒くさい…」→「もう半kgで計算しちゃおう!」とい思考回路になるはずです。(私ならそうなる!)

そんなわけで、1kgも買ってしまった洋梨(大体6-7個)ですが、元々果物をばくばく食べるタイプではないので、余る余る。(それなら買うなって?)

いつも通りお菓子を作るというのも芸がないし…と、思いついたのがこちら。

IMG_2873

さて、なんでしょう?

IMG_2886

洋梨の白ワイン割り、でした。

熟れた洋梨をハンドプロセッサーでガーっとつぶして、安い白ワインを入れて、さらにガーっとやり、氷を入れて出来上がり。洋梨はコンポートにするし、これは合うんじゃないかな?と思ってっやってみたら、洋梨の甘さがちょうど良くておいしい!

これから夏に向かうアルゼンチンでぴったりの食前酒となりそう♪

ちなみに安い白ワインをスプライトで割ったものを「シャンパン・コルドベス」(コルドバ風シャンパン)というのだとか。さらにレモン汁を数滴たらすとかなり美味しいのですが、本当にこんな風にいうのかどうか怪しいところ。ネットでも引っかかりませんし、そんな風に言うのは情報源であるうちの夫だけかもしれませのでご注意を…。
[PR]
by aquiakiko | 2007-09-13 02:51 |
やっぱりラテン流?コルドバの選挙

先週の日曜日、コルドバ州の州知事と市長の選挙がありました。

アルゼンチンでは18歳から選挙権があり、選挙は義務で、行かなかった場合は罰金を支払うシステム。(投票率は80%以上だとか)

20代でも選挙の前ともなれば、友達との会話は政治の話…ということもあるアルゼンチンの国民の政治への関心はとても高いです。

でも、そんなお堅い選挙でもアルゼンチンらしさを目にしました。

IMG_2841

アルゼンチンでは日本のような選挙ポスター設置条例のようなものはなく、どこにでも選挙ポスターが貼られています。

IMG_3065

このように電柱の上にも。(彼は市長になりました)

IMG_2845

工事現場の囲いにも。(アルゼンチンの工事現場はこんな感じ。上から物が落ちてくることがあるので、下を歩くのはやめましょう♪)

IMG_2842

そして、バス停付近にも。

よく見ると…?

IMG_2842-1

選挙ポスターの上に、別の選挙ポスターが…。投票日直前になると大体こんな感じになります。上に貼ったもん勝ち?!

選挙の半年前くらいから再選を狙う、また自分の政党の力を見せるために、現職知事や市長が「この街は素晴らしい!きれいなんだよ!」ということを誇示するために、道路工事が非常に多くなります。また、美術館などの改修なども盛んに行われます。

こちらは選挙の約2週間前にオープンした市民の憩いの場「El Paseo del Buen Pastor」(ちょっとした展示は行われますが美術館でもなく、かといってショッピングセンターでもないのです。なんと言ったらいいの…?)

museo036 

 

数十年前までは女性の刑務所だったものを改修して、教会など元々あったものなどは保存したまま、このような姿に生まれ変わり。

 

 

museo022

 

 

 

 

中にはこんなカフェテラスも。

 

 

 

 

 

オープンしたものの実はまだ一部改装中。これからおしゃれなレストランが何軒は入るらしいので、楽しみです。

※El Paseo del Buen Pastor:Hipólito Yrigoyen 325(市街地にあります)


[PR]
by aquiakiko | 2007-09-05 03:46 |