タグ:ウマウアカ ( 2 ) タグの人気記事
アルゼンチン北部の旅(ユネスコ遺産)

ウマウアカの町を散策。

norte-133

 

 

 

町自体はとても小さいですが、北部らしいつくりの家を見るだけでもなかなか楽しい。

 

 

 

 

norte-108

 

 

町の中心に位置する独立記念碑。訪れた日がたままた独立 記念日(7月9日)だったので、このように国旗が飾られていました。

 

 

そして、実はウマウアカ近辺には「ウマウアカ渓谷」と呼ばれる(Quebrada de Humauaca)というユネスコ世界遺産があるのです!(紹介が遅い…?)

norte-129

 

 

記念碑へと続く階段を登ると、このような眺めが。赤と緑の色が層をなして いる谷がウマウアカ渓谷。

 

 

 このウマウアカ渓谷は2003年にユネスコ世界遺産の文化遺産に認定されました。美しい景観とともに、植民地時代とそれ以前の時代の集落が、コー ジャ(アンデス高地に住む人々)の文化を伝えていることが選定の理由と されたそうです。(wikipediaよ り)

norte-42

 

 

そして、ウマウアカの町を出て、渓谷沿いのルート9を走ると、渓谷が眼前に迫ってきます。

 

 


フフイ方面へと南へ行くと、Tilkara(ティルカラ)、Purmamarca(プルママルカ)と歴史的な小さな町が点々とあります。

 

続(結構続く…)


[PR]
by aquiakiko | 2007-07-31 01:11 |
アルゼンチン北部の旅(アノ葉っぱ編)
さて、Humahuaca(ウマウアカ)に到着。

norte-37.jpg


norte-5.jpg

先住民が多く住むこの地域の町並みはブエノスアイレスやコルドバなどの今まで見てきたヨーロッパ風の建物とは全く異なり、街中からはフォルクローレ(「コンドルが飛んでゆく」など)が聞こえてきて、郷愁を誘います。

norte-10.jpg

教会前にて。

「コジャ」と呼ばれるアンデスの高地に住む先住民が手作りの人形や布製品、コカの葉などを道端で売っていました。コカインは違法ですが、コカの葉はこちらの地方では普通に売られおり(日本ではコカの葉も違法だそうです)、コカの葉のお茶を飲んだりやコカの葉を直接口に入れて噛んだりし、高山病の症状を和らげたり、コカの覚醒作用によって疲労感を薄らげたりするそう。

私も試しにコカの葉を買ってみることに。(40枚位で1ペソでした)味わい方としては、まず口の中に10枚ほど入れ、それを片方の頬に寄せます。そこに唾液が流れるようにし、葉を噛みながら、葉からでるエキスを味わいます。(人によっては少量の重曹と噛むそうです)どんな味かと一言で言うと、苦い葉っぱの味です。
コカの葉というとすごく「悪」のような聞こえですが、こちらでは日常的に摂取されていますし、葉を噛んだだけで覚醒作用があるわけでも、体に異変が起こるわけでもありませんよ!アルゼンチンでは違法ではありませんから!お母さん、私悪いことしてないよ!(←なぜか弁解口調)

ちなみに、葉に近い舌の一部が麻酔をかけたように感覚が一時的になくなることもあるそうですが、私はそれ自体もないくらいでした。(葉っぱが足りなかった…?)

で、結局あんまり美味しくなかったので、足を洗いました。 その後は試しませんでしたけど。アルゼンチンの北部で、片頬だけが膨らんで、宍戸錠みたいになっている人を見かけたらそれはコカの葉を噛んでいる最中だと思って間違いないです。





[PR]
by aquiakiko | 2007-07-23 07:43 |