「ほっ」と。キャンペーン
タグ:コルドバ ( 7 ) タグの人気記事
コンドル峡谷へ、歩いて、歩いて。

先週の土曜日に、たまにはトレッキングでもしようとコルドバ市街地から100km離れたところにある国立公園「Quebrada del Condorito」(ケブラダ・デル・コンドリート」(コンドル峡谷)に行ってきました。


P.N.Quebrada del Condorito-2.jpg

夫と夫の同僚と。

国立公園の駐車場へと行く道はカーブがきつく、車だと危険だというので、公園の入口からさらに3kmほど離れたところに車を駐車し、トレッキング開始。


P.N.Quebrada del Condorito-4.jpg

あまり暑すぎずトレッキング日和!


P.N.Quebrada del Condorito-8.jpg

歩いて2時間半が経ち、このような眺めのもと、ランチ休憩。目的の場所はまだ遠い…。

この「国立公園コンドル峡谷」の名にもついている「コンドル」。南アメリカ大陸にのみ生息し、ここが生息地の最東エリア。(ここから東には生息していない)羽を広げるとなんと3mもあるというコンドル。遭遇できるのはかなり確率が低いのだとか。


ave.jpg

これはコンドルではなく、「ホテ」という鳥。確認すると辞書には「ヒメコンドル」書いてある。ということはコンドルだったの…?コンドルならコンドルでもっとありがたみを感じて見たかった…。あらま…。


P.N.Quebrada del Condorito-31.jpg

野生の動物もたくさんいて、あのプーマなども生息しているのだとか!


P.N.Quebrada del Condorito-15.jpg

このような絶景が望めて、歩いた甲斐がありました!


P.N.Quebrada del Condorito-33.jpg

出発から約4時間。そしてこの後、眼下に見える川の麓まで下ったのです。


P.N.Quebrada del Condorito-77.jpg

途中、「ぜんまい」らしきものを発見!でもよく分からないので、持って帰りませんでした。(というか、国立公園だから、そういうことはいけません!)


s-P.N.Quebrada del Condorito-64.jpg

一時間ほど前に上から見上げていた川に到着。かなり急な下り坂を下り、私の膝がキュウキュウ泣いている…。帰り道を登れるか心配になる…。


s-P.N.Quebrada del Condorito-70.jpg


あまりにも疲れて、岩の上でシエスタ(昼寝)。私も30分間まどろみました♪


サンドイッチと水しか持って行かなかったという計画性のなさだったので、ここ数年間味わったことないくらいお腹がペッコペコ。夫の同僚のりんごを奪い取るようにして食べました…。私は生のりんごはあまり好きでなく、風邪の時にすったものくらいしか食べないのですが、この時のりんごの美味しさったら、今まで一番!


P.N.Quebrada del Condorito-83.jpg

結局トータル20kmを8時間かけて歩いた私たち。富士登頂をした夫曰く「富士山よりもきつかった…」とか。私もここまでヘトヘトになるまで歩いたことは人生ではじめてかも。


とにかく翌日の筋肉痛がおそろしい…と日曜日を迎えたのですが、ちょっと膝が痛いだけで筋肉痛が全くなし。「これは、翌々日にくるパターンね…」と覚悟していたら、今日の月曜日になっても筋肉痛がない!もしかしたら、週2回やっているヨガのおかげ?それとも翌々々日に来てしまうさらに恐ろしいパターンか…?明日が楽しみです…。


P.N.Quebrada del Condorito-93.jpg

こちらが今回のお土産「barba de piedra」(岩石のひげ)と呼ばれる草。(3枚目の写真の岩に張り付いているように生えている草)喉が痛い時に、これをお茶のように煮だしたものでうがいをすると抜群に効くとか。私はすぐに喉が痛くなるので(なぜかちょっと売れている歌手のような発言)、ぜひ試してみようと思います!


[PR]
by aquiakiko | 2007-10-23 06:22 |
やっぱりラテン流?コルドバの選挙

先週の日曜日、コルドバ州の州知事と市長の選挙がありました。

アルゼンチンでは18歳から選挙権があり、選挙は義務で、行かなかった場合は罰金を支払うシステム。(投票率は80%以上だとか)

20代でも選挙の前ともなれば、友達との会話は政治の話…ということもあるアルゼンチンの国民の政治への関心はとても高いです。

でも、そんなお堅い選挙でもアルゼンチンらしさを目にしました。

IMG_2841

アルゼンチンでは日本のような選挙ポスター設置条例のようなものはなく、どこにでも選挙ポスターが貼られています。

IMG_3065

このように電柱の上にも。(彼は市長になりました)

IMG_2845

工事現場の囲いにも。(アルゼンチンの工事現場はこんな感じ。上から物が落ちてくることがあるので、下を歩くのはやめましょう♪)

IMG_2842

そして、バス停付近にも。

よく見ると…?

IMG_2842-1

選挙ポスターの上に、別の選挙ポスターが…。投票日直前になると大体こんな感じになります。上に貼ったもん勝ち?!

選挙の半年前くらいから再選を狙う、また自分の政党の力を見せるために、現職知事や市長が「この街は素晴らしい!きれいなんだよ!」ということを誇示するために、道路工事が非常に多くなります。また、美術館などの改修なども盛んに行われます。

こちらは選挙の約2週間前にオープンした市民の憩いの場「El Paseo del Buen Pastor」(ちょっとした展示は行われますが美術館でもなく、かといってショッピングセンターでもないのです。なんと言ったらいいの…?)

museo036 

 

数十年前までは女性の刑務所だったものを改修して、教会など元々あったものなどは保存したまま、このような姿に生まれ変わり。

 

 

museo022

 

 

 

 

中にはこんなカフェテラスも。

 

 

 

 

 

オープンしたものの実はまだ一部改装中。これからおしゃれなレストランが何軒は入るらしいので、楽しみです。

※El Paseo del Buen Pastor:Hipólito Yrigoyen 325(市街地にあります)


[PR]
by aquiakiko | 2007-09-05 03:46 |
これぞ、ラテンのラリー。山道篇
山道を走るラリー2日目は、ラリー大好き生粋コルドバっ子たちと山中へ。
コルドバ市街地から1時間ほど車を走らせ、山道に入ったら、適当に駐車。

f0009717_3464945.jpg

ここからさらに2~3km歩かなくては…。ふと先を見ると白い煙が至るところから立ち上がっている。

f0009717_3472134.jpg

なんと道端でアサド(バーベキュー)をしております。

ラリー車が走行する山道は競技開始3~4時間前には封鎖されます。その道は一般車も観戦場所に入るために使うので、観戦の数時間前には目的地に到着しなくてはいけません。
で、観戦までの待ち時間行うのがアサド。火を起こして、網を置いて、肉を焼けば、後は待つだけ。さすが、ガウチョ(アルゼンチンカウボーイ)の食べ物。いつだってどこだってできちゃう、らしい…。
この日は霧雨が降ってしましたが、何日も雨も降らない乾燥した日だったりすると、このアサドが山火事を引き起こすこともしばしばだとか…。

ラリーはコルドバっ子の一大イベントなので、人によっては前日の夜から現地入りして、夜にアサドを食べ、テントや車で寝て、朝から観戦を楽しむ、なんてこともするそう。一緒に行ったアルゼンチンガールも、「小さい時は前日から行ったわ~」と懐かしそうに話してました。また中には、前夜飲みすぎて、翌日寝て起きたらラリーが終わってた…なんて人もいるそうで。

f0009717_348142.jpg

こちらが今回の観戦場所。ちょうどカーブがあるので、かなり人気のポイントです。(白い煙はアサドやっちゃってます)

私たちは、ワインを飲み、サンドイッチを頬張りながら、観戦までおしゃべり。

ラリー競技が開催される直前には数回オフィシャルカーが走行し、コース内の点検など最終確認を行うのです。(詳しいことはこちらでございます)
オフィシャルカーが目の前を通ると、「まもなくレースが始まるぜ~!」とみんな色めき立ってきます。

競技開始の時刻が過ぎ、「ブゥウーン!」というエンジン音が山の中から徐々に近づいきたと思ったら、あっという間にラリーカーが目の前を過ぎる!

f0009717_3483993.jpg

【カーブを曲がってきたラリーカー】



f0009717_3491015.jpg

【実際の距離感はこれくらい!】



この距離感と一体感はやっぱりスタジアムでは味わえません~。あまりにも近すぎて、石ころが飛んできました。(危ないのでもう少し離れましょう、私)

今回の参加台数が70台位でしたので、前日にリタイアしていない限りそれくらいの台数が目の前を通り過ぎます。
最初に音だけが聞こえてくるのですが、なんだか変な音をさせながら近づいてくる車が一台。カーブを曲がってきたら、ドッドッドッという音を立ててこんなことに。

f0009717_3494255.jpg

詳しいことはよくわかりませんが、どこかが壊れてしまったようです。(そんなことぐらい写真見たらわかるって…?)

10分経っても、20分経っても、応援が到着せず…

f0009717_350972.jpg

観客と話はじめるドライバー。


やっと応援が到着し、これは車を動かさなかればならん!ということで「20~30人、手を貸してくれ!」との呼び声に集まった人々。

f0009717_3503921.jpg

【こういうハプニングにラテンの血が騒いでます】



f0009717_3511398.jpg

【左側によけようと必死。ガンバレ!←他人事】



このチームは残念ながらリタイヤとなりましたが、観客たちは「おれ、手伝ったんだぜい!」という異様な達成感に包まれておりました。

この山道を走るラリーは迫力もあるし、躍動感もあるし、観戦場所までの山道が苦にならない程楽しめました!

ただ、一つ問題なのは「帰り道」。全員がラリードライバー気分で運転するのでとても危険なのです…。
[PR]
by aquiakiko | 2007-05-12 03:53 |
ヒヤっとしたニュース。
週末にブエノスアイレスに行ってきました。私が住むコルドバからブエノスアイレスまでは約700km。飛行機だと約1時間、長距離バスだと約9時間。

長距離バスにはCoche Cama(ベッド車両の意で、椅子が飛行機のビジネスクラス並に倒れるもの)、Coche Semi Cama(準ベッド車両とでもいうのか、ビジネスクラスとエコノミークラスの間位の座席の広さ)があります。
Coche Camaだとかなり居心地もよく、よくキャンセルになったり遅延したりする飛行機よりも経済的ということもありかなり人気。私もCoche Camaで首都・ブエノスアイレスへ~。

さて、その旅先のことでも書こうと思った矢先に飛び込んできたニュースが…。

日曜日の夜、コルドバからブエノスアイレスに向かう長距離バスが高速道路で故障しバスを止めて点検していると武器を持った強盗グループがバスに押し入り、運転手及び乗客の所持金と所持品を奪い取った、とか。

アルゼンチン国内を走るバス会社は数多とあるのだが、たまたま今回初めて乗車したバス会社「El Turista」が襲われたと知り更に驚き…。
(ちなみに私は同じ日曜日の夜にブエノスアイレスからコルドバに戻るバスに乗車していた)
「El Turista」だから襲われたということはなく、どれが狙われるかは運次第といったところなのかも。本当に大事なものは腹巻きタイプの貴重品入れにでも入れておくべきなのか…。

ニュースソースによっては、故障したので停車しているところを襲われたというものと、タイヤをパンクさせるために強盗が直前に道路に釘などを置いておいたというものがあります。
ただアルゼンチンでは後者のケースが危険なエリアだと起こることがあり、すぐに警察に通報しても警察がグルになっていて、近くにいるのになかなか来ない…ということも。なので、アルゼンチンでは知らない道、危険なエリアは走らない、なるべく賑わっている道を使うというのが鉄則だったりします。

ちなみに、今まで乗車した長距離バスの中でこの「El Turista」が一番良かったのですがね…。

f0009717_11242914.jpg
<こちらは機内食ならぬ車内食。右のグルグル巻き甘そうでしょ?右上の飲み物は緑茶ではなくプリティ・リモンというレモン果汁1%くらいの黄色いジュース>



※次回は楽しいブエノスアイレス紀行です!
[PR]
by aquiakiko | 2007-04-25 06:24 |
恋しい食べ物~アルゼンチン人篇
オーストラリアに移住した夫の兄夫婦がコルドバに1ヶ月ほど里帰りしていていました。

2年前に永住ビザがおりてからの初めての帰国。アルゼンチン到着してから再びオーストラリアに帰国するまで、故郷の食べ物を3週間で5kg太るまで満喫してました!(二人とも!)

私的にはアルゼンチンとオーストラリアって日本よりはずっと食べ物も似ているし、そんなに恋しいのかな?と思ったのですが、彼らには彼らで微妙な違いがあったりするそうで、特に懐かしがって食べていたのは~。

・アルゼンチンのお肉(もう味が全然違う~!と、特にアルゼンチンBBQ・アサドで堪能してました。私もオーストラリアのお肉よりもアルゼンチンのお肉の方が断然美味しいと思います!)

・ファクトゥーラと呼ばれる甘いパン

f0009717_46621.jpg



甘い生地にマルメロのジャムやカスタードクリームがのっています


・サンドイッチ・デ・ミガ
普通のサンドイッチのパン生地の部分をすごーく薄くしたサンドイッチ。パーティーなどの軽食でよく食べられる。中身は卵やハムとチーズなど、ごく普通なんですが、パンが白くて柔らかくてとっても薄いのがポイント。(たぶん)

ロミートス
簡単に言うとステーキサンドなのですが、中に薄く叩いた牛肉、卵、レタス、トマト、マヨネーズなどか入ったカロリーたっぷしの食べ物です。
ちなみに生粋コルドバの夫に言わせると、ロミートスはコルドバの食べ物で、ブエノスアイレスのロミートスは肉が厚くて違う!ってことらしいです。(ブエノスアイレスに対抗心を燃やす夫。頑張っても勝てませんよ…。)

・エンパナーダス
アルゼンチン風ミートパイ

これらが彼らが主に恋しがっていた食べ物で、義理の兄に関してはこの飲み物が欠かせなったよう。

f0009717_5594514.jpg
Fernet Branca」というイタリアのアルコール。

アルゼンチンでも皆に愛されている飲み物で、27種類のハーブ、樹皮、植物の根、などから出来たアルコールの味は、最初は「え?風邪薬みたい…」ですが、慣れるにつれてクセになる味。青汁みたいなものでしょうか?(飲んだことないけど)
これをコカコーラで割って飲むと、コカコーラの甘みと、フェルネットの苦味がほどよく混ざり合うのですよ。(日本でも売っているみたいなのでお試しあれ!)




アルゼンチンの食べ物を満喫したり、家族や友達と時間を過ごしたりして、あっという間の一ヶ月が過ぎ、先週の金曜日空港まで見送りにいきました。

アルゼンチンでは(特にアルゼンチン航空)飛行機が遅れるのはしょっちゅうで、彼らの飛行機も遅れていないといいね、などと話しつつ空港に向かい、出発便フライト情報を見ると…。

f0009717_4531471.jpg

午前中の6便は全部キャンセル。(赤い文字部分がキャンセル)
どうやら義理兄夫婦の乗る便は順調な予定。(よかった…。)
セマナ・サンタ(イースターの祝日)の週で観光客も来るだろうに、全くどういうことでしょう。

では、到着便はどうなのかしら?と見てみると、

f0009717_4593644.jpg

こちらもまた赤字のキャンセルだらけ。

私も以前コルドバからブエノスアイレスまでの飛行機に乗る予定で、朝の9時半のフライトが結局午後1時に出発したことがありました…。

ラッキーにも(というか日本だとこれが普通なんですがね)彼らの便は順調で、「また会おうね!」と家族みんなが空港で涙ながらに別れを告げ、彼らが乗る飛行機をみよう、と外で待っていると一台の航空会社の名前のない飛行機が到着。

どうやら厳重な注意な元に警備員が迅速に動きはじめ、テレビカメラも。

「あれ?誰か有名人かな?」と口々に言いながら持っていたカメラを一応構えていると、「フリオ~!」とTVリポーターの声が。

そう、あのフリオ・イグレシアスだったのです。(子供はエンリケ・イグレシアスとしても有名ですよね)翌日、コルドバから300km程離れたVilla Mariaでコンサート予定で、プライベートジェットで到着した模様。

ふと横を見ると、さっきまで息子との別れで、頬を涙で濡らしていた義理母が「フリオ~!」と肩にかけていたストールを振り回しながら叫んでいます。


さすが、「世界の恋人」の愛称を持つフリオ・イグレシアス。


空港でフリオを待ち構えていた熱狂的なファンのようにTVカメラで撮影されてしまい、こうなったら、お望みどおりファンになってやるぜ!ってことで、私もフリオにカメラを向けてみました。

f0009717_5213588.jpg
一番右がフリオが乗った車


f0009717_5222889.jpg
走り去る車。パパラッチとしては落第の写真…。


帰りの車でフリオ・イグレシアスの話題かオーストラリアに戻ってしまった兄夫婦の話題かどちらでもちきりだったかはご想像にお任せします♪
[PR]
by aquiakiko | 2007-04-10 05:33 |
ウンテン・インポッシブル!
「アルゼンチンでは運転してるの?」などと日本の友達に聞かれることがありますが、アルゼンチンで運転なんて私にはインポッシブル!なのです。

まず、ここは交通ルールがあるのかしら…?と疑いたくなるような運転スタイル。

・2車線だけど、隙間があれば3車線。
・オレはF1レーサー、そして道はサーキット、と勘違いしているスピード狂たち。
・左折、右折、車線変更にウィンカーを出さない人、約9割。(目算)
・シートベルトを締める人は約4割。(これまた目算)
・ベビーシートに乗せられている赤ちゃんは3割。(何度も言うが目算)

歩行者は優先権がないので、とにかくバシバシ走る車の合間を横断し、信号があってもなくても、左右を確認して渡らないとウィンカーを出さない車が突然曲がってきて、「早く渡れい!」みたいな態度を取られたりします。もちろん、歩行者も信号無視は朝飯前。

最近はバイクの台数が増えてきているアルゼンチン。ノーヘルメットは当たり前、パパがハンドルを握り、子供を真ん中に乗せて、後ろに乗るママは赤ちゃんを抱えてる…なんて光景も。ちなみにアルゼンチンではヘルメットは義務付けられているのですが、統計によると18%の人しか使用してないとか…。
(確か私が小さい時もまだ日本はノーヘルメットだったなぁ、などとしみじみ。)

今日も歩道でちょっとばかりバイクを走らせてしまった女性が警察に呼び止められとがめらましたが、「すぐに車道に出ようと思ってすいません」と言いながら、警察はすぐに解放し、ノーヘルメットのまま颯爽と去っていきました…。

運転技能もさながら、免許も簡単に取れてしまうのも問題のよう。簡単な口頭試験と実技に受かればいいので日本のように教習所に通わなくても、どこかの空き地で練習してそこそこできればOKとか。小さい町に取りに行ったら、試験を受けずに名前を書いただけでもらえたという友達もいるほど。
またこの免許取得システム(というかシステムがないのが問題…?)の甘さを検証するドキュメンタリー番組では盲目の人が免許を取れたとか。(友人が身分証明書を持って代わりに行ったら大して確認されず取得)

そんなアルゼンチンですから交通事故も非常に多く、私の住むコルドバ州における新年からの死亡事故件数が3月4日付けの新聞に出ていました。2007年になってからの死亡事故は95件。数字だけだと多いのか少ないのかわかりづらいので日本の一都市を例にとってみようかと。

それは「大阪市」。

大阪府全域に発令されていた「交通死亡事故多発警報」が解除されたといえでも(そんな発令があるんですね…)、そんな交通事故死者数ワースト1の大阪。その中心地である大阪市は間違いなく「運転が荒い」はず。以前大阪出身の上司が「東京の運転はあまいっちゅうねん!」と息巻いていましたもの…。

大阪市の人口は約260万人。コルドバ州の人口が約300万人。運転の荒さも人口も比較するにはもってこい。(大阪の方スイマセン!)
安全協会のHPによると大阪市内の死者数は新年から3月6日まで60人。コルドバ州は本日の新聞によると103人。倍近くです。
「大阪では3車線の一番左側の車線にいても右折したい時はするで~!」(上記上司の言葉から引用)という彼らの運転スタイルでも太刀打ちできないほどコルドバでの交通事件数は多いのです。

なので、身を守るためには「運転をしない」、同乗した時は「これでもかってくらい口出しをする」をモットーにしています。(嫌われる同乗者間違いなし)

そんなコルドバの人たちが「ブエノスアイレスは運転が荒くて有名なんだよ!」と口を揃えて言いますが、本当なのでしょうか…?ここよりも荒いって…。
[PR]
by aquiakiko | 2007-03-09 05:17 |
アナタってとっても大事なのね。

木曜日の朝、電気をつけようとしたら「あれ?電気がつかない。停電?」

アルゼンチンでは暑い日に一斉にクーラーを使い需要が供給を越えたり、強い雷雨がくるとよく停電になる。

「あ、また停電か~」などとのん気に構える私。

ドライヤーのコンセントをさして、電源を入れてから停電だと再度気付いたり、衣類を洗濯機の中に入れ、洗剤を投入して、電源ONボタンを押してから動かないことがに気付いたり…。習慣とは恐ろしい!(というかマヌケ?)

夕方になっても一向に電気がなく、今日は結構時間がかかるな…と徐々に不安をおぼえはじめながら、夜に近づく…。エレベーターも停止しているので、7階まで階段で上がり汗をたっぷりかいて、仕事から戻ってきた夫とろうそくの光のもとで夕食を食べ、テレビもDVDも見られず、これまたろうそくの元でトランプ。まさに「おうちでキャンプ状態」。

結局寝るまで電気は戻らず、金曜日の朝もまだ電気がない。
冷蔵庫にはさしあたりそんなに重要なものがなかったので、牛乳とかバターとか捨てるしかないか…で済んだものの、次の問題は水!

電気をつかって水をマンションの上部のタンクまで運ぶため、24時間も続く停電の後では、水がチョロチョロしか出ず、急いで水を確保。

午前10時には完全に断水状態になり、しかも外は黒い雲で包まれ、朝なのに本が読めない位家の中が暗い。もう、唯一できることって電話しかないじゃない!ってことでオーストラリアに住む姉に電話。つかの間の時間を楽しんだ後はまた現実に引き戻される…。

とにかくメールを見なきゃ仕事もできない!ということで、日本語を読めるネットカフェを探すが、ここコルドバにはWindows XPがあるパソコンが少ない上、あっても海○版だったりして、日本語が読めない…。町をさまようこと約1時間。やっと見つけた日本語が読めるネットカフェに居座り、お昼頃家に戻るとまだ停電…。

7階まで息切れしながら上がり、水もなく調理ができないので、買ってきたお昼を食べ、本を読んだりするうちに、午後5時にやっと復旧いたしました!

いやはや、電気って必要不可欠なんだなぁと改めて実感した40時間でございました。

「電気、もっと大事に使おう!」
(小学生でも、もっといいスローガンを作るでしょうね…)
[PR]
by aquiakiko | 2007-02-24 06:00 |