「ほっ」と。キャンペーン
タグ:フフイ ( 3 ) タグの人気記事
アルゼンチン北部の旅(ユネスコ遺産)

ウマウアカの町を散策。

norte-133

 

 

 

町自体はとても小さいですが、北部らしいつくりの家を見るだけでもなかなか楽しい。

 

 

 

 

norte-108

 

 

町の中心に位置する独立記念碑。訪れた日がたままた独立 記念日(7月9日)だったので、このように国旗が飾られていました。

 

 

そして、実はウマウアカ近辺には「ウマウアカ渓谷」と呼ばれる(Quebrada de Humauaca)というユネスコ世界遺産があるのです!(紹介が遅い…?)

norte-129

 

 

記念碑へと続く階段を登ると、このような眺めが。赤と緑の色が層をなして いる谷がウマウアカ渓谷。

 

 

 このウマウアカ渓谷は2003年にユネスコ世界遺産の文化遺産に認定されました。美しい景観とともに、植民地時代とそれ以前の時代の集落が、コー ジャ(アンデス高地に住む人々)の文化を伝えていることが選定の理由と されたそうです。(wikipediaよ り)

norte-42

 

 

そして、ウマウアカの町を出て、渓谷沿いのルート9を走ると、渓谷が眼前に迫ってきます。

 

 


フフイ方面へと南へ行くと、Tilkara(ティルカラ)、Purmamarca(プルママルカ)と歴史的な小さな町が点々とあります。

 

続(結構続く…)


[PR]
by aquiakiko | 2007-07-31 01:11 |
アルゼンチン北部の旅(道中のリャマ)


さて、ボリビアに少しだけ足を踏み入れた後は、La Quiaca(ラ・キアカ。地図の上部、ボリビアとの国境に位置)から地図上の赤いルートを南に下り、Abra Pampa(アブラ・パンパ)を越えてHumahuaca(ウマウアカ)へ。(ルート9上)

jujuy.gif.jpg


この辺りは先住民が多いので、土地の名前も先住民の言語から名づけられたものがほとんどです。


norte-91.jpg


ウナウアカに行く道中にはアンデス山地の動物・リャマたちが放牧されていました。



norte-88.jpg





声をかけるとこんな表情!



norte-90.jpg





ぬいぐるみみたい…。



norte-92.jpg




そして、こんな標識まで。 



f0009717_2263973.jpg

「リャマに注意」



牛や馬は見た事ありますが、まさかリャマまで…。








[PR]
by aquiakiko | 2007-07-20 00:55 |
アルゼンチン北部の旅(国境編)
ご無沙汰しておりましてすいません!

ところで、アルゼンチンでは冬休みのシーズン。その休みを利用して、アルゼンチン北部に位置するサルタ州とフフイ州に行ってきました!


Argentina.mapa.gif

地図の真ん中辺りにあるCordobaの北部にサルタ州とフフイ州があります。(わかりますか~?)

今回の旅はコルドバからアルゼンチンとボリビアの国境にある小さな町ビジャソン(ボリビア側)まで行き、そこから南下してフフイ、サルタと回ってきました。本当はボリビアからウユニ塩湖まで行くつもりだったのですが、旅の途中で知りあったご夫婦がちょうどボリビアから戻ってきたばかりで、「ボリビアの道は本当にひどい…。アスファルトだけで壊れているし、穴もボコボコ空いているし…」と聞かされ、「車が壊れたら困る!」と怖気づいて、今回は国境までに。

国境まで、といってもコルドバからアルゼンチンとボリビアの国境まで1200km!(約東京ー熊本間)


norte-141.jpg

北部に行けば行くほど乾燥し、岩肌が見える山々とサボテン。

norte-28.jpg

途中4000km級の山々を越える。(これは霧ではなくて雲!)

norte-86.jpg

途中、一泊して国境へ。アルゼンチン側の国境、ラ・キアカ。

norte-82.jpg

こちらがボリビア側の国境。ビジャソン

9割以上がスペイン・イタリアからの移民の血を引くアルゼンチン人ですが、北部に来ると先住民の割合が多く、この辺りの先住民はモンゴルのルートを持つらしく、先住民の顔を見るとアジア系の顔が多くなんだかほっとする自分がいたり。

norte-78.jpg

アルゼンチン側の町、ラ・キアカは非常に閑散としているのですが、一旦ボリビア側に入ると、リャマの毛で作られたセーター、靴下、手袋や、格安の時計や電気製品が所狭しと売られています。アルゼンチンからも安い製品を買い付けに行く人が多く、国境の検問所&税関は大行列…。(観光で少量の物を買うだけならこの列には並ばなくてもOK)

norte-69.jpg

また、先住民の間ではスペイン語だけではなく、ケチュア語も話されています。

norte-75.jpg

ビジャソンの教会

norte-80.jpg

セントロ(市街地)を少し離れるととても閑散とした雰囲気。乾季で雨がほとんど降らないため、風が吹くと砂塵が舞い散ります。また標高が3400m(富士山の高さ3776m)もあり、夫は空気が薄い…と唸っていました。(なぜが私は全然大丈夫でした!)

そして、リャマの毛でできた靴下、帽子などを購入し、アルゼンチン側のラ・キアカに戻りました。

norte-83.jpg

アルゼンチンの最北端の町、ラ・キアカからアルゼンチンの最南端ウシュアイアまで続くルート40の標識。その距離、なんと5121km!アルゼンチンの広さ、いや、長さが実感できます!




[PR]
by aquiakiko | 2007-07-19 05:25 |