タグ:ブエノスアイレス ( 2 ) タグの人気記事
雨のブエノス・アイレスへ。
先週末、行ってきたブエノスアイレス。
滞在中は曇りか雨か、たまに雷。

f0009717_3384262.jpg曇りのプエルト・マデーロ。対岸には改装された倉庫にお洒落なレストランが立ち並ぶ。高級マンションも建設ラッシュのようで、四方八方から工事の作業音が。コンパスを若干開いたような橋は「Puente de la Mujer」(プエンテ・デ・ラ・ムヘール)という橋。


f0009717_3431925.jpg

そして、雨の大統領府「Casa Rosada」(カサ・ロサダ)。ピンク色です。このピンク色、アルゼンチンの空の色にはなかなか合うのでは?(晴天の真っ青な空を頭の中でイメージしましょう)



f0009717_3451686.jpg
日本でも有名なサッカーチーム・ボカの本拠地近くにあるカミニートへ。
そしてここはあのアルゼンチンタンゴ発祥の地。昔は男性だけしか踊れなかったそう。今では男女の情愛に溢れたダンスとして有名なのでちょっぴり不思議。

「日本人って噂通り写真撮るのが好きね」という声が右の3人から聞こえてきそう~。



f0009717_3475497.jpg


カラフルに塗られた家々がかわいい。




f0009717_3484892.jpg

この街角なんてまるでおもちゃみたいでしょ?




実は模型です♪




f0009717_3492739.jpg




右奥に見えるのはボカ・ジュニアーズのホームグラウンド。


f0009717_3552940.jpgアルゼンチンの通りは全て名前がついていて、国や都市の名前(例えばPeruやLima)や歴史的に功績を残した人の名前がついています。

「あ、この通りの名前は母の親戚のおじさんなんだよ~」と夫。


f0009717_412165.jpgおじさんと言っても説明聞いたら長くなるような間柄なんじゃないの…?と思い詳しく聞かなかったのですが、一応パチリ。

この通りですので、近くを通ったみなさん、どうぞご贔屓に。(名前に画鋲とか刺さないように♪)


そして、日曜日にはアンティーク市がたつサン・テルモへ。

f0009717_453012.jpg



キオスコ(日本でいうキオスク。ここでは駅ではなく道端にたくさんあります)の外観も雰囲気たっぷり。




f0009717_485856.jpgこちらをお持ち帰り。エスプレッソ用の小さなカップとミルクピッチャー。
裏を見ると、「PINTADO A MANO JAPON」(手塗り 日本製)。日本で絵付けされたものが、真裏のアルゼンチンに来て、また日本人の手に渡るにも何かの縁かな~なんて。


と、ちょこちょこと散策しましたが、とにかく雨ばかりで、見たいものもみれず…。(ちなみに”El Museo de Arte Moderno de Buenos Aires~ブエノスアイレス現代美術館”は改装のため一時閉館中でした。一年位かかるとのこと。)

それなら、美味しいものを食べようじゃないかと色々行った中でヒットだったのが、ブエノスアイレス在住のargentinizada2004さんに教えて頂いた韓国人街にあるレストラン「Bo Sung」

f0009717_452570.jpg

コルドバにはない地下鉄に揺られて…。
こんなアンティークな車両もあるのです。


f0009717_4211347.jpg




この辺り一体はハングル文字の看板ばかり。


f0009717_4222243.jpg



店内には韓国女優のポスターが。雰囲気たっぷり。


f0009717_4202853.jpg

そして、こちらが食事!お肉はもちろん、ナムル、チヂミ、餃子、豆腐などの小皿に生牡蠣まで!(数えたらなんと小皿18皿!)

お肉も牡蠣も全ておかわり自由で一人30ペソ。(日本円で1200円位)この量と質では、とってもお得!(私はお昼に行きましたが夜も同じ値段だそう)

コルドバにも韓国人の方々は住んでいますが、残念ながら韓国料理を出すお店はなくて、ここのはほんと本場そのもの!(って韓国には一回行っただけ♪)

※ここのFloresというエリアはセントロから離れている上、治安がいいとは言えませんので、私も写真を撮るときは回りに十分注意しました。行かれる時は気を引き締めて。
[PR]
by aquiakiko | 2007-04-27 04:57 |
ヒヤっとしたニュース。
週末にブエノスアイレスに行ってきました。私が住むコルドバからブエノスアイレスまでは約700km。飛行機だと約1時間、長距離バスだと約9時間。

長距離バスにはCoche Cama(ベッド車両の意で、椅子が飛行機のビジネスクラス並に倒れるもの)、Coche Semi Cama(準ベッド車両とでもいうのか、ビジネスクラスとエコノミークラスの間位の座席の広さ)があります。
Coche Camaだとかなり居心地もよく、よくキャンセルになったり遅延したりする飛行機よりも経済的ということもありかなり人気。私もCoche Camaで首都・ブエノスアイレスへ~。

さて、その旅先のことでも書こうと思った矢先に飛び込んできたニュースが…。

日曜日の夜、コルドバからブエノスアイレスに向かう長距離バスが高速道路で故障しバスを止めて点検していると武器を持った強盗グループがバスに押し入り、運転手及び乗客の所持金と所持品を奪い取った、とか。

アルゼンチン国内を走るバス会社は数多とあるのだが、たまたま今回初めて乗車したバス会社「El Turista」が襲われたと知り更に驚き…。
(ちなみに私は同じ日曜日の夜にブエノスアイレスからコルドバに戻るバスに乗車していた)
「El Turista」だから襲われたということはなく、どれが狙われるかは運次第といったところなのかも。本当に大事なものは腹巻きタイプの貴重品入れにでも入れておくべきなのか…。

ニュースソースによっては、故障したので停車しているところを襲われたというものと、タイヤをパンクさせるために強盗が直前に道路に釘などを置いておいたというものがあります。
ただアルゼンチンでは後者のケースが危険なエリアだと起こることがあり、すぐに警察に通報しても警察がグルになっていて、近くにいるのになかなか来ない…ということも。なので、アルゼンチンでは知らない道、危険なエリアは走らない、なるべく賑わっている道を使うというのが鉄則だったりします。

ちなみに、今まで乗車した長距離バスの中でこの「El Turista」が一番良かったのですがね…。

f0009717_11242914.jpg
<こちらは機内食ならぬ車内食。右のグルグル巻き甘そうでしょ?右上の飲み物は緑茶ではなくプリティ・リモンというレモン果汁1%くらいの黄色いジュース>



※次回は楽しいブエノスアイレス紀行です!
[PR]
by aquiakiko | 2007-04-25 06:24 |