タグ:ヘルマン ( 1 ) タグの人気記事
アルゼンチンらしい引越し

先週末、2年間ほど住んだ市街地のマンションから、30分ほど車で走ったところにある義理父母の実家へと引っ越しました。(数ヶ月間の滞在予定です)


二人暮しのマンションだし、そんなに荷物もないだろう、と高を括っていたら、まぁ次から次へと洋服、靴、本や書類、買いためたスパイス、食材…などなど。(食材は引っ越す前にどんどん使っておけばよかったのでしょうが、なかなか全部は使い切れず…。計画性が欠けていた、ともいう。)


一応平日にちょこちょこと荷物を運んでおき、予定としては、土曜日に夫の友達・ヘルマン(実名♪)が家具や家電をトラックに載せるのを手伝ってくれるという予定。(トラックを親戚から借りて自分たちで引っ越す計画)


夫はヘルマン(独身)に「金曜の夜は絶対に遊びに行かないでよ!土曜日の朝、来られなくなっちゃうんだから」と何回も念をおし、ヘルマンも「今週は疲れているから、金曜はとにかく寝るだけだから、大丈夫!」との答え。


さて、当日の土曜日の朝10時になってもヘルマンはやってきません…。ヘルマンが来て、家具や家電を運んでから、土曜の午後と日曜日を使って壁のペンキ塗り(賃貸契約時の状態で返すため。アルゼンチンでは自分でペンキ塗りをする人が多い)という予定がやや狂いはじめ、しびれを切らした夫が10時半にヘルマンに電話すると、出ない…。数回かけても出ない…。近いので、家に直接行って様子を見てくるよ!と言った夫が10分後に戻ってきたが、ヘルマンはいない…。チャイムを鳴らしても出ないのだとか…。


ヘルマンなしの予定に変更!ということで、まずは普通車で載せられる荷物を夫が実家に運び、義理父を連れてきて、荷物がない部屋からペンキ塗り。


やっとヘルマンと連絡が取れたのは12時過ぎ…。午後1時には行くということで、一応ヘルマンの分もマクドナルドのセットを買って家に戻ったら、昨夜の余韻を残したヘルマンが到着!


「昨日、出掛けたんでしょ?」と聞くと、「そのつもりはなかったんだけどさ~、同僚が行こうってね~。」


このゆるい感じが非常にアルゼンチンらしく、アルゼンチンに住む日本人によっては、「どうしようもなくなじめない!」部分がここではないでしょうか…?(私は幸いにもあまり問題なく過ごしています)


結局、朝5時に家に戻ったヘルマンは携帯をリビングに置いたまま、寝室でぐっすり眠ってしまったそう。ヘルマン自身も平謝りだったので、「ヘルマンを信じた私たちは行けなかったのかも?」という気持ちに切り替えつつ、引越しの続き。


さて、ペンキを一部屋塗り終わると、やはり出来が甘いらしい。そこでヘルマンが「この間、僕が引っ越した時にやってもらったペンキ塗りがいるから、その人に頼んでみたら?上手にやってくれるよ。仕事の方でもお願いしているペンキ塗りだから信頼できるし。」とのこと。


義理父も夫も一部屋のペンキ塗りに相当集中力を使ったらしく、「そうしよう!頼もう!」ということに。早速、ヘルマンがペンキ塗りに電話すると、日曜日の朝8時に来てくれるとのこと。「日曜日まで働いてくれるなんてなんて働き者なんだろう!」と感心しつつ、大きな荷物を運び、掃除をし、その日は終了。


さて、翌日の日曜日、ペンキ塗りの到着を待つために、朝7時過ぎに家を出た夫。実家で荷物整理をしていた私。朝9時に夫から電話があり、「ペンキ塗りが来ないし、電話してもつながらないんだけど…」とのこと…。結局朝10時半まで待ってもペンキ塗りは来ず、携帯もつながらない…。


午後になってヘルマンから「どう?ペンキ塗りどうだった?」という電話があり、来ないことを伝えたら、驚いて、ヘルマンからも電話して見るものもつながらず、午後に入っていた仕事関係でお願いしていた現場にも顔を見せていないとか…。

月曜日には不動産屋に鍵を渡さなくてはならなかったので、急いで他のペンキ塗りに電話をして、月曜日の午前中にやってもらうことに。


ということで、アルゼンチンらしい引越しが終わり、ただいま義理父母の実家に滞在中でございます。

picaflor.jpg

夫の実家の庭に姿を見せたPicaflor(ピカフロール。日本語名でハチドリ。右下ですよ!)

Picar→「つつく」、Flor→「花」、花をつつく鳥なので、Picaflor。大きめの蝶々位の大きさですが、虫ではなくて、鳥類。せわしなく動く姿が、なんともかわいく、鳥が苦手な私でもこれは可愛く感じます。ちなみに中南米に生息しているそう。


※ちなみに、土曜日に来るはずだったペンキ塗り、その後仕事先にも姿を現さず、連絡がつかないのだそう…。


[PR]
by aquiakiko | 2007-10-06 06:09 |