タグ:メルカド ( 1 ) タグの人気記事
コルドバでスペインを味わう!

私が住むコルドバは内陸に位置するので、海産物がとっても乏しい…。今の世の中、交通機関も保存方法も発達しているのだから、もうちょっと頑張ってほしい…と思う心のつぶやき。

レストランもパリージャ(アルゼンチンバーベキュー・アサドが食べられる)が多く、普通のレストランでもお肉料理がほとんどです。

そんな中、ちょっと新鮮な海産物を手に入れることができるのが「メルカドノルテ」(日本語訳:北市場←こう書くと魚ばかり扱っている市場のようですが、90%は肉屋さん~)です。


mercado004.JPG

なかなか素敵な建物です


mercado003.JPG

外には八百屋やスパイスなどを売る行商(アルゼンチン北部やボリビアから)が。


mercado001.JPG

このお店はチョリソ(腸詰ソーセージ)だけを売っています。


クリオージョと呼ばれる牛肉だけのチョリソ、メスクラ(ミックス)と呼ばれる牛肉と豚肉が合い挽きされたもの、豚肉だけのもの(個人的にはこれが一番好き!)が主にアサド(アルゼンチンバーベキュー)でよく食べられます。他にはコロラド(赤色)と呼ばれるチョリソにはパプリカが入っており、名前の通り赤いチョリソ。(右上に吊るされている乾燥されたチョリソ)これはアルゼンチン北部の郷土料理ロクロに使われます。


他には山羊や豚を一頭ずつ吊るして売っているお店やスパイス専門店、チーズ問屋などがあり、スーパーよりも新鮮な食材が安い価格で手に入り、市場で買い始めると、スーパーになかなか行けなくなってしまいほど。


そして、このメルカドの中に一軒だけある魚屋さん。たまーにとってもとっても新鮮そうなお魚があるので、いつ捕れたか聞いてから(笑)、お刺身にすることがごくまれにあります。(チョコボールのエンジェルマークの確率と同じくらい←例えに時代を感じるでしょう?)


この魚屋さん、メルカド内にレストランを併設していて、新鮮な魚を使ったスペイン料理を食べることができます。


mercado005.jpg

平日でしたが、待ち客が出るほど


mercado007.jpg

頼んでみたのは色々な魚介類が盛られたプレート。ビールと合う!


mercado006.jpg

旅行客やビジネスランチをしているサラリーマンなど


他には、パエリヤやカスエラ・デ・マリスコス(魚介の煮込み)などがあって、スペインのバールの思わせるメニューと雰囲気なのです。


[PR]
by aquiakiko | 2007-10-03 03:05 |