アルゼンチン北部の旅(ユネスコ遺産)

ウマウアカの町を散策。

norte-133

 

 

 

町自体はとても小さいですが、北部らしいつくりの家を見るだけでもなかなか楽しい。

 

 

 

 

norte-108

 

 

町の中心に位置する独立記念碑。訪れた日がたままた独立 記念日(7月9日)だったので、このように国旗が飾られていました。

 

 

そして、実はウマウアカ近辺には「ウマウアカ渓谷」と呼ばれる(Quebrada de Humauaca)というユネスコ世界遺産があるのです!(紹介が遅い…?)

norte-129

 

 

記念碑へと続く階段を登ると、このような眺めが。赤と緑の色が層をなして いる谷がウマウアカ渓谷。

 

 

 このウマウアカ渓谷は2003年にユネスコ世界遺産の文化遺産に認定されました。美しい景観とともに、植民地時代とそれ以前の時代の集落が、コー ジャ(アンデス高地に住む人々)の文化を伝えていることが選定の理由と されたそうです。(wikipediaよ り)

norte-42

 

 

そして、ウマウアカの町を出て、渓谷沿いのルート9を走ると、渓谷が眼前に迫ってきます。

 

 


フフイ方面へと南へ行くと、Tilkara(ティルカラ)、Purmamarca(プルママルカ)と歴史的な小さな町が点々とあります。

 

続(結構続く…)


[PR]
by aquiakiko | 2007-07-31 01:11 |


<< アルゼンチン北部の旅(インカの... アルゼンチン北部の旅(グルメ編) >>