世界的に有名な小さな町で。
少し前の週末に、義理母の父方の親戚が集う大きな家族集会が催されました。

義理父の先祖は約100年前に北イタリアからアルゼンチンに来た比較的新しい移民ですが、義理母の父の先祖は西暦1500年、今から500年以上前にバスク地方(フランスとスペインの境にある)からアルゼンチンに移ってきたのだそう。

f0009717_3435863.jpg



移民後500年以上が経ち、親戚たちはコルドバ州、ラ・パンパ州、トゥクマン州、エントレリオス州など広い国内のさまざまな州に住んでいます。


500年も前なので、かなり遠い親戚などは今となっては連絡を取ることができないでしょうが、それでも60人近い親戚が、コルドバ市郊外にある小さな町・Capilla del Monte(カピージャ・デル・モンテ)に集まりました。

f0009717_345693.jpg
義理母側の親戚は相当おしゃべりな人たちが多く(私もよくしゃべる方ですが、もうその10倍くらい…)、その親戚が何人も集まったからもう大変!しかもアルゼンチン人は普通に話していても、日本人からすると「え?口論しているの?!」というくらい声が大きい…。でも、みんな楽しそう!

f0009717_3454085.jpg
先祖の方々の写真を集めたアルバムをこの集まりを企画した人たちが作ってくれました。お年寄りの中にはこの写真を涙を浮かべながら見入っている人もいました。


f0009717_484267.jpg


どういう親戚関係かわかるように手書きの家系図も。ちなみに私の名前もありますよ~。

f0009717_3551975.jpg
アルゼンチンの北の方に位置するトゥクマン州は先住民が多く、親戚の中には先住民の方とも結婚された人がいたのでしょう。トゥクマン在住の親戚は浅黒い人が多く、ラ・パンパ州に住む親戚はスペイン語でいう「Rubio」(ブロンドの髪をした人たち)が多いのも、親戚の歴史を語っているような気がします。

私はこの親戚に加わる初の日本人、いや、アジア人なので、初めて会う親戚(大抵がそう)に「あなたがAkikoなの~!!」と手厚い歓迎を受けました♪しかも「歯並びいいのね~!」ってほめられたのですが、他にほめるところがなかったのでしょうか…。(笑)

で、この会合が行われたカピージャ・デル・モンテですが、実は2つのことで有名な町なのです。

その一つが、「Calle techada(カジェ・テチャーダ)」。
「カピージャ・デル・モンテに行ってきたよ」というと、決まって「カジェ・テチャーダ、見てきた?」と聞かれるのです。「カジェ・テチャーダ」をそのまま訳すと「屋根つきストリート」。「うーん、そんなのあったっけ?」と少し考えて、思いつくのがこれでした。

f0009717_3485468.jpg


要はアーケード商店街。でも、とても小さく、30mあるかないかぐらいなので、「カジェ・テチャーダ」と言われも、どこのことを言われているのかわからないくらいでした…。

でもどうやらコルドバにはこのアーケード商店街がないらしく、この町はこれで結構有名なようです。ここの住民に一度、大阪の「天神橋筋商店街」を見せてあげたいと強く思った私です!


そして、もう一つ有名なことがあります。(アーケード商店街でがっかりした方、最後までブログをお読みくださいませ…!)この次に紹介することは世界中から観光客が訪れるくらい有名なのですから。

このカピージャ・デル・モンテという町は山々に囲まれているのですが、その一つがこの「ウリトルコ山」(el Cerro Uritorco)。
f0009717_352881.jpg
このウリトルコ山、実はあのUFOで有名なのです。UFOが見える山なら日本にもありますが、この山にはUFOの基地がある、ということで知られているのです。基地ですよ、基地。

そして、この山にはパワーがあると言われていて、「エネルギーをもらうため」に、この山に登る人が世界中からやってくるのだとか。(ちなみにヒッピーがとても多い)

さて、この山道を進むと、こんなゲートが。
f0009717_3522659.jpg
これがUFOの基地?こんな造りじゃないでしょう。とにかく怪しい雰囲気が満々です。

f0009717_3524434.jpg
よく見ると、「禅」のお寺です…。アルゼンチン人が僧侶のようです…。何でもありです…。

数週間前ですが、このカピージャ・デル・モンテで事件がありました。子供なら当然受けなければならないワクチンを接種しておらず、何人もの子供がその病気にかかってしまった…というものでした。(病気名は忘れましたが、子供特有の流行性の病気でした)

その病気にかかった子供の親(どう見てもヒッピー)がインタビューされていたのですが、彼いわく「この山にはエネルギーがあるから、ワクチンなんて受けなくても、病気なんて全て癒されてしまうんだ」とのこと。自分はワクチン受けたから、元気に育ったんでしょう…!養育放棄で警察に捕まってしまえばいいのに…!


以上、カピージャ・デル・モンテであったいろいろな出来事ひとまとめ、でした!
[PR]
by aquiakiko | 2007-11-08 04:15 |


<< バルデス半島の旅 アルゼンチン... あれを網焼きで。 >>